キャンプ

キャンプの服装 夏に女性が知っておきたいポイントは?

投稿日:


夏のキャンプは女性にとって服装選びはお悩みの一つですよね?

オシャレを重視したいけど、キャンプに行ってみて快適に過ごせないというのは、勿体ないです。

そこで今回は女性向けに夏キャンプの服装選びの注意点を特集します。

実際に行ってみて、困らないためのコツをナビゲーター:ミニクロさんがご紹介します。
 
 

 
 

キャンプの服装 夏に女性が知っておきたいポイント

 

日焼けと暑さ対策

キャンプ女子の服装で一番の悩みはやはり日焼け対策ですね。日焼け対策には上は長袖、下はロングパンツやショートパンツにレギンスやタイツなど、素肌をださないことにつきます。

夏は暑いから半袖やショートパンツのほうが涼しくて楽に見えるかもしれませんが、日焼けは体力を消耗するので、素肌を隠すほうが涼しくて楽にすごせますよ。風通しのよい素材を選べばより楽ですね。そして頭には帽子を忘れないでください。顔や頭皮、髪の日焼けを防げますし、アウトドア用の防水仕様の帽子であれば雨対策にもなります。

 

虫除け

キャンプは野外です。夏ともなれば、蚊、ハエ、アブ、蜂なとが普通にいますので、日焼け対策と同様に長袖にロングパンツが虫よけ対策になります。

ショートパンツにレギンスやタイツはお洒落ではありますが、蚊や蜂はタイツの上からでも刺してきます。蚊などの虫にさされやすい人はロングパンツがおすすめです。
 

スポンサードリンク

 

防寒対策

夏でも、キャンプの時は防寒の上着を一枚は持っていって下さいね。夏でも朝晩は冷えますよ。フリースやスウェットのパーカー、寒がりの人であれば薄手のダウンジャケットやダウンのベストなどがあれば安心です。

 

防水機能の服

雨予報でなくても野外のキャンプでは、
防水機能の高いアウトやレインポンチョは必須です。必ず一枚は荷物に入れて下さいね。

 

動きやすい服

キャンプ場ではテントやタープ、テーブルや椅子などをサイトまで運び設営しますので、重い荷物をもっても動きやすい服がいいですね。ミニスカート、ジーンズなんかはアウトです。
 
 

スポンサードリンク

 

汚れてもいい服装で

キャンプに向けて日焼けや防寒防水対応のウェアを揃えて、色やデザインにもこだわって、とても可愛いコーデになりました。

でも、キャンプに汚れはつきものです。テント設営で土や草がつくこともあれば、炭をおこせば黒い炭汚れがつくこともあります。バーベキューをすれば、脂がはねたり焼き肉のタレがこぼれることもあるかもしれません。焚き火の火の粉がとんできて穴があくかもしれません。

ですので、可愛くてお洒落なだけでなく、汚れてもいい服や、洗濯しやすい服でキャンプに行くことも案外大事ですよ。

 

キャンプはテント設営や水汲み、ゴミすて等で歩き回りけっこうな運動量になりますので、歩きなれたスニーカーが動きやすいですね。ヒールやヒールの高いサンダルはアウトです。

水遊びやシャワー時用にビーチサンダルなどがあると便利です。
 

スポンサードリンク

 

キャンプの服装 夏に女性が知っておきたいポイント まとめ

  • 日焼けと暑さ対策

    ・素肌を出さない服装で。
    ・素肌を隠すほうが涼しい。
    ・帽子を忘れないように。

  •  

  • 虫除け

    ・長袖とロングパンツがオススメ。

  •  

  • 服装の注意点

    ・防寒対策に上着は用意しておくこと。
    ・キャンプ場は朝晩は冷える。
    ・晴れでもレインポンチョを用意。
    ・動きやすさを重視。

  •  

  • ・歩きなれたスニーカーがベスト。

スポンサードリンク

-キャンプ

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.