京都

京都清水寺コースとマップ 初観光も安心の見どころ解説!

投稿日:


京都観光旅行で人気の清水寺。
始めて行った時に迷わずに、満足感の高い観光がしたい人のために、オススメの見どころのコースや解説をマップ付で用意しました。

今回の記事を紹介するナビゲーターは
マルコ・ポーロさん。

京都旅行の体験談から清水寺の見どころや楽しみ方をお伺いしました。
 
 

◆◆◆目次◆◆◆
  • 京都清水寺コース マップのご紹介。
  •  

  • 京都清水寺コース 見どころを紹介。
  •  

  • 京都清水寺コース 最大の見どころ 清水の舞台周辺
 
 

京都清水寺コース マップのご紹介。

 
京都を代表する清水寺。
その観光を十分に楽しめる
見所をご紹介します。

まずはコースのご紹介から。
わかりやすいマップを
ご用意しました。

京都の清水寺は
入り組んでいるよう見えますが
シンプルなマップで見ると
ぐるっと回るように見どころを
回れるコースになっています。
 

スポンサードリンク

 

京都清水寺コース 見どころを紹介。

 

①清水寺のお出迎え『仁王門』


清水寺に訪れるつ最初に出迎えてくれる大きな赤門『仁王門』です。

まずは、ここで記念撮影を1枚パシャリッ♪

本堂の清水の舞台は国宝に指定されていますが、この『仁王門』もなんと室町時代から現代まで、その姿を遺したままなんですよ!

 

②日本最大級!高さ31mの『三重の塔』


『仁王門』からすでに頭が見えています(笑)。

『仁王門』から歩いてすぐにたどり着く距離にあり、近づくと丹塗り(にぬり)のキレイな造形の塔が見られます。

 

③胎内めぐりが体感できる『随求堂(ずいぐどう)』

『三重の塔』と立ち並ぶ『随求堂』。

大随求菩薩の胎内に見立てた建物で、暗闇のなかを壁につけられた数珠を頼りに進みます。

拝観料:100円"

 

④坂上田村麻呂像の眠る『田村堂』

江戸時代の1633年(寛永10年)に再建された『田村堂』。

中は一般公開されていませんが、朱塗りの歴史ある建物です。
 
 

スポンサードリンク

 

京都清水寺コース 最大の見どころ 清水の舞台周辺

 

 

⑤『弁慶下駄』と『出世大黒』を拝める本堂前

本堂まで来ると、まずは入口で『弁慶下駄』と『出世大黒』を拝観できます。

『弁慶下駄』は90kgの重さもあり、女性が持ち上げられたら良縁に恵まれて、玉の輿に乗れるようですよ♪

『出世大黒』は室町時代から伝わるものが2008年で修復されて、拝むと出世や金運アップによいとされています。

ただし!この二つは本堂入ってすぐに並ぶように立っているため、入口はごった返しています。

興味がない人は、時間ももったいないのでサッとすり抜けることをオススメします(笑)。

 

⑥国宝!『清水の舞台(本堂)』


いわずと知れた『清水の舞台』、斜面から飛び出した舞台は1633年に172本もの木の柱で作られた国宝です。

舞台の奥には本堂があり、千手観音立像が保管されているんですが、その姿を拝めるのは33年に一度のみの秘仏です。

 

⑦恋愛成就のご利益のある『地主神社(じじゃじんじゃ)』


本堂の裏にひっそりとある『地主神社』。

清水の舞台を順路にそって進み、鳥居のある脇道にそれたところにひっそりと佇む『地主神社』があります。

この神社は良縁に恵まれることで知られていて、多くの男女で賑わっています。

なかでも興味深いのが『「恋占いの石』と呼ばれる石で、江戸時代の頃から恋を占う多くの若い男女が訪れたと歴史のある恋愛成就の神社です。

 

⑧清水の舞台の全景が眺められる『奥の院』


『清水の舞台』から順路に従って進むと『奥の院』前に出ます。

ここからは『清水の舞台』の木組みも含めた全体像が眺められる絶好の写真スポットになっています。

清水寺に来たらここで記念撮影をパシャリッ♪
 

音羽の滝


不老長寿や無病息災のご利益で有名な延命水と呼ばれる湧き水。
美味しいお水として地元の方々にも人気のスポットです。
 

スポンサードリンク

 

京都清水寺コース 見どころマップまとめ

  • 清水寺の見どころ

    ・清水寺のお出迎え、仁王門
    ・高さ31mの三重の塔
    ・大随求菩薩の胎内に見立てた随求堂
    ・坂上田村麻呂像の田村堂

  •  

  • 清水寺 人気の本堂周辺

    ・弁慶下駄と出世大黒を拝める本堂前
    ・国宝!清水の舞台(本堂)
    ・恋愛成就の地主神社
    ・清水の舞台の全景を撮影、奥の院
    ・延命水の音羽の滝

スポンサードリンク

-京都

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.