キャンプ

バンガローとコテージの違いは?楽しみ方は?注意したいことは?

投稿日:


バンガローとコテージの違いは何だろうか?と考えているあなたにオススメの情報をご紹介します。

今回の記事を紹介するナビゲーターは
ミニクロさん。

キャンプでバンガローやコテージのどちらにするか迷っている時に役立つ情報をお伺いしました。
 
 
◆この記事の見どころは?◆

  • バンガローとコテージの違いをチェックできます。
  •  

  • それぞれのスタイルに合わせた楽しみ方をご紹介。
  •  

  • 行く前に知っておきたい注意点をご紹介します。
 
 

バンガローとコテージの違いは?

 

バンガローとは?

キャンプ場のコテージとバンガローの違いについて明確な定義はありませんが、キャンプ場にコテージとバンガローがある場合、一般的にはバンガローのほうが簡易建物になります。

簡易的な小屋といった感じでしょうか。
トイレやお風呂はキャンプ場の共有施設で、キッチンや冷蔵庫、エアコンなどの設備がないこともあります。

私が使ったことのあるバンガローは、エアコン以外何もないただの小屋でした。バンガローは設備や備品がないことが多いので、BBQ道具やカセットコンロ、寝袋などの寝具を持参する必要があります。

 

コテージについての説明

コテージはキャンプ場などにある宿泊できる建物のうち、食卓やベッドなどの家具や寝具、キッチン、冷蔵庫、トイレ、エアコンなどを備えていることが多いです。

鍋や包丁、お皿、お箸にスプーンやフォークなどの調理道具やカトラリーも備えられていることが多く、持参するのは食材とタオル、洗面道具ぐらいです。キャンプというよりはサービスはないけどなんでも揃っているホテルに泊まるイメージです。

 

スポンサードリンク

 

バンガローとコテージの違い それぞれの楽しみ方は?

 

バンガローの楽しみ方

バンガローを利用すればテント設営の手間が省けますが、それ以外はテントキャンプとかわりませんので、BBQの炭おこしをしたり、寝床を作ったりとテントキャンプに近い感覚を楽しめます。

キャンプは好きだけど、虫が苦手だったり、朝晩の寒さや夜露が苦手でテントで寝るのが嫌な方にはバンガロー利用がお勧めですよ。

バンガローだとペット可のところもあります。我が家の犬は室内犬なので、テントでは外の物音などが気になるようで緊張していますが、バンガローのほうが落ちついてねています。

 

コテージの楽しみ方

コテージはキッチンもついていることが多いので、BBQの炭おこしなどの準備の必要がありません。

ベッドやお布団も備えてあることが多いので寝床の準備の必要もありません。

キャンプというよりは、設備の整ったホテルをかりている感覚なので、散歩や山歩き、釣りや海水浴などのアクティビティを存分に楽しむ時間的余裕があります。
 
 

スポンサードリンク

 

バンガローとコテージの違い 注意点は?

 

バンガローの注意点

基本的にバンガローは建物だけなので、BBQなどの料理の準備、寝袋などの準備などはテントキャンプとかわりません。

そろえる道具が多いので余裕を持って準備したほうがいいですね。

 

コテージの注意点

基本的にコテージは何でも揃っていますが、食材と調味料は忘れないように持参してください。
 

スポンサードリンク

 

バンガローとコテージの違い まとめ

  • バンガローとコテージの違い

    ◎バンガロー
    ・一般的にはバンガローのほうが簡易
    ・簡易的な小屋といった感じ
    ・設備や備品がないことが多い
    ・BBQ道具やカセットコンロの持参
    ・寝袋などの寝具を持参

    ◎コテージ
    ・基本的な宿泊施設の設備がある。
    ・お箸や皿など調理道具もある。
    ・イメージはホテルに近い。

  •  

  • バンガローとコテージ、それぞれの楽しみ方

    ◎バンガロー
    ・テントキャンプに近い感覚
    ・手間をかけて生活する楽しみ。
    ・テントで寝るのが苦手な人にお薦め

    ◎コテージ
    ・準備が必要ないので楽。
    ・山歩きや釣りなど遊ぶ時間を楽しむ

  •  

  • バンガローとコテージ、それぞれの注意点

    ◎バンガロー
    ・準備や道具を忘れないように。

    ◎コテージ
    ・食材や調味料がない場合は要持参。

スポンサードリンク

-キャンプ

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.