旅行・観光

弘前城雪灯篭まつりってなに?弘前城のアクセスは?観光は?

更新日:


青森県の
弘前城雪灯篭まつりに行きたい時に
チェックしておきたい情報を
ご紹介します。

今回の記事を紹介するナビゲーターは
マルコポーロさん。

弘前城雪灯篭まつりの
楽しみ方について
お伺いしました。
 
 
◆この記事の見どころは?◆

  • 弘前城雪灯篭まつりの情報をわかりやすくご紹介。
  •  

  • オススメのアクセス方法をご紹介。
  •  

  • 周辺の観光情報をご紹介。
 
 

弘前城雪灯篭まつりってなに?

 
現存天守のひとつにも数えられる弘前城、春には桜の名所で、冬には雪で城化粧をした燐とした美しい姿でどの季節でもくれます。

さて、そんな弘前城で行なわれるみちのく最大級の雪まつりって知っていました?

それは『弘前城雪灯篭まつり』とイベントで1977年に始まって、2017年で41回目の開催なんです!

弘前城のお膝元で設営された大雪像や夜間の雪灯篭、キャンドルの灯りで幻想的な姿を見せてくれるでしょう!

2017年は150基の雪灯篭や大雪像の設営、プロジェクションマッピングに打ち上げ花火などがまつりを盛り上げてくれますよ!

そのイベントをほんのちょっとご紹介しましょう!

弘前城雪灯篭まつりのイベント情報

■開催期間
2017年2月9日(木)~2月12日(日)

 

■イベント

①大雪像へのプロジェクションマッピング [ 毎日1日5回開催 ]

②弘前冬花火 [ 2017年2月11日(土)19:00~予定 ]

③雪燈籠・雪像の夜間ライトアップ [ 毎日 16:30(日没)~21:00 ]

④弘前雪明り (入場者がキャンドルを好きな場所に設置)

 

■設営施設

①雪灯篭 150基

②ミニかまくら 約300基(ろうそくライトアップ)

③大雪像『藤田記念庭園の洋館』(プロジェクションマッピング開催あり)

④津軽錦絵大回廊(ライトアップあり)

⑤大型滑り台(タイヤチューブ滑り台)

⑥中型滑り台(そり滑り台)

⑦雪あそび場ワークショップ

 

スポンサードリンク

 

青森県『弘前城』 おすすめのアクセスは?

 
弘前城雪燈籠まつり開催中は駐車場がいっぱいになってしまいそうですね。

そこでこちらのアクセス方法が
役に立つと思います。

 

■津軽フリーパス

上記のフリーパスで2日間は指定の電車やバスに乗り放題になるんです!

対象の駅やバス停の近くに車を止めたら便利かもしれませんね!

でも、高かったら嫌ですよね…いったいいくらになんでしょうか?
 

大人:2,060円

こども:1,030円

 

2日乗り放題だと考えたら、この料金なら満足いきそうですね!

観光地ではロープウェイの往復だけで2000円近くかかることもありますし…。

乗れるエリアなどは下記の公式ページで確認してもらえると分かりやすいかと思います。
津軽フリーパス情報

このマップで弘前城と駐車場の往復分だけ十分なら普通に切符を買ってもいいですね!

 

スポンサードリンク

 

弘前城の周辺観光は?

弘前城の近くに絞った観光地としは、以下がオススメとなります。

五能線 [ 弘前市内 ]

海沿いを走る列車として有名な五能線は全国から鉄道ファンや景観を楽しみたい方に人気を高めています。
この五能線も津軽フリーパスでそのまま乗り放題で乗れますので、ぜひ寄りたいですね♪

 

津軽藩ねぷた村 [ 青森県弘前市亀甲町61 ]

ねぷた祭りでなくてもねぷたを見学できる観光スポットです。10m級のねぷたも展示されているほか、絵付け体験などもできます。

その他、『嶽温泉』や『大鰐温泉』も津軽フリーパスで乗り放題で行くるので、冬の温泉でぽかっと温まる温泉めぐりもいいですね!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

  • 弘前城雪灯篭まつりとは、弘前城で行なわれるみちのく最大級の雪まつり。
  •  

  • 津軽フリーパスを使えば
    電車とバスが乗り放題。
  •  

  • 弘前城の周辺観光

    ・五能線
    ・津軽藩ねぷた村

スポンサードリンク

-旅行・観光
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.