キャンプ

犬とキャンプ 持ち物は?楽しみ方?注意点は?

投稿日:


犬と一緒にキャンプ場へ
遊びに行こうと
考えている方に役立つ情報を
お届けします。

今回のナビゲーターは
ミニクロさん。

ご自身の体験から、
犬と楽しくキャンプするために
事前に知っておきたいことを紹介してくれました。
 
 
◆この記事の見どころは?◆

  • 犬とキャンプに行く時に準備したいことがわかります。
  •  

  • キャンプ場へ行った時に犬と遊びたいことなどのおすすめが紹介されています。
  •  

  • 事前に注意しておきたいことがわかります。
 
 

犬とキャンプ 持ち物は?

 

犬とキャンプする時に必要なものは?

犬とキャンプするときは、
ホテルでの宿泊ほど
持ち物はいりません。

・犬の食べ物、
・寝床にするタオルやクッション
・リード、
・排泄物を片付ける袋

などがあれば大丈夫です。

 

ノミ・ダニ対策のスプレーやブラシは必須!

ただし、山や川近くのキャンプ場は
虫が多いので、
虫除け対策が重要です。

フロントラインなどで
毎月のノミダニ予防をしていても、
山や川を歩けば、
必ずノミやダニがつきますので、
強力な虫除けスプレーや、
犬の全身を包み込むアウトドア用の
服、ノミとりブラシなどが
必要になります。

蚊の多い季節なら
蚊取り線香も役に立ちます。
 

スポンサードリンク

 

犬とキャンプ 楽しみ方は?

 

ホテルとキャンプとの違い。

犬も宿泊できるホテルが
増えていますね。

最近では食事処やお風呂の
脱衣場まで犬連れ可とか、
犬と温泉に入れるホテルまで
ありますね。

犬をペットホテルに預けて
旅行にでるのではなく、
いつも犬を連れて
旅行にでるという方も多いと
おもいます。

でもホテルは
基本的に室内犬だけですよね?

室外犬や中型、大型犬は
駄目というホテルは結構あります。

それなら、キャンプは
どうでしょうか?

 

キャンプ場ならでは解放感

キャンプ場なら
リードなしで犬を離せるサイトや
ドックランがあるキャンプ場も
あります。


キャンプ場のサイトとは、
テントを張る場所のことです。
 

キャンプ場は山や川、海など
自然に恵まれた場所にありますので、
山を走り回ったり、
川や海で泳いだりできますので、
ホテルの室内にいるより
活発な犬には快適です。

テント泊が嫌なら
犬も入れるコテージがある
キャンプ場もありますよ。

我が家の犬は二匹とも
室内犬ですが、
よその犬との距離が近いホテルより、
キャンプ場のほうが
リラックスしています。

 

広い場所でおもちゃ遊び

せっかくキャンプ場へいくなら
ボール遊びやフリスビーなど
思いっきり走り回れる遊びを
楽しみましょう。

川遊び

自然を満喫するなら川遊びも
いいですよね。

かならずタオルを持って行って
風邪にならないように
注意はしておきましょう。

 

思い出の記念撮影

犬とのキャンプは
大切な思い出。

写真に残してアルバムに。

 

犬と一緒に夜空を鑑賞

キャンプ場だからこそ楽しめるのが
犬と一緒に夜空の鑑賞する時間。

ゆっくり愛犬との時間を味わえます。

 
 

スポンサードリンク

 

犬とキャンプ 注意しておきたいこと

 

犬連れが大丈夫かどうかを確認する。

犬が入れるキャンプ場は
多くありますが、
キャンプ場によって
小型犬のみとか、
特定の犬種は除外している
キャンプ場もありますので、
事前にキャンプ場に
確認してくださいね。

私のすんでいる関西地方では、

「土佐犬、甲斐犬、紀州犬、シェパード、ドーベルマンなど人に恐怖感を与えるおそれのある犬は入場不可」

とするキャンプ場があります。

 
我が家の犬は
吠えたことのないぐらい
大人しい甲斐犬なんで、
全くもって残念だと思いますが、
駄目なものは駄目ということで・・・

でも受け入れてくれる
キャンプ場も多いので
事前に確認などをやっておけば
楽しむことができます。
 

家から2時間以内がオススメ

キャンプ場といっても
犬にとっては
普段知らないところへ
遊びに行くので
不安もあります。

それに車の中は
慣れていないと乗っているだけで
ストレスを与えてします。

車の移動なら2時間以内にある
キャンプ場がおすすめです。

 

感染症予防を大切に!

ノミやダニもそうですが、
犬とキャンプに行くときは
外で接触する害虫や
細菌に注意してください。

特にキャンプ場などで
レプトスピラ菌に感染しないように
事前に混合ワクチンに
予防効果があるか
チェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

犬とキャンプ 持ち物や楽しみ方 注意点のまとめ

  • 犬とキャンプ場へ行くときの持ち物
    ・ドッグフード
    ・寝床にするタオル
    ・リード
    ・排泄物を片付ける袋
  •  

  • 特にノミ・ダニ対策にブラシや虫よけスプレーは必須。
  •  

  • キャンプならではの解放感が魅力。
  •  

  • おすすめの遊び方や楽しみ方

    ・おもちゃ遊び
    ・川遊び
    ・記念撮影
    ・夜空の鑑賞

  •  

  • キャンプ場が犬連れOKなのかチェックしよう。
  •  

  • 移動時間は2時間以内がオススメ。
スポンサードリンク

-キャンプ
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.