スキー・スノボー

幼児の雪遊び おすすめは?持ちものは?スキー場で楽しめるコツ

更新日:


幼児が楽しめる雪遊びをチェックしたい方に
おすすめの情報をお届けします。

今回の記事を書いてくれたのは
ライター・ミニクロさん。

せっかくスキー場に行っても
幼児はスキーができない...

そんな時に楽しめる
おすすめの雪遊びの方法や
必要な持ち物をご紹介してくれました。
 
 
◆この記事の見どころは?◆

  • 幼児におすすめの雪遊びをリストアップ。
  •  

  • 雪遊びを楽しむために必要な持ち物を紹介しています。
 
 

幼児の雪遊び おすすめは?

 

かまくら

私も子どもが幼児の時、
何度かまくら作りを手伝わされたか
わかりません。

かまくら作りには大量の雪がいるので、
親も一緒になって雪を集めたり
雪を掘り出したりの作業になりますので、
二年目からは土木作業につかうような
大人サイズのシャベルを持ち込んで
作りました。

 

雪合戦

雪合戦なら、
雪玉をつくる雪玉グッズなんかがあると
手が濡れずに素早く雪玉が作れて
雪合戦がより楽しめます。

 

雪だるま作り

スキー場に来て
大量の雪があるなら
是非作りたいのが雪だるまですよね。

せっかくなので
一緒に記念撮影もしちゃいましょう。

 

雪のお城

幼児は雪で何かを作るのが大好きです。
スコップ、バケツなどの
砂場遊びの道具があると
より楽しめますよ。
 

そり遊び

そり遊びは大人でも楽
しいですよね。そりもスキー場でレンタルできます。
だいたい500円から1000円程度です。
そりの代用品として、ビニールシートなんかも使えます。

ダンボールで草の斜面を滑り降りる
あの感覚です。

ビニールシートでもスピードがでますので
楽しめます。

 

スノースクート

乗り物系だと、
スノースクートのレンタルができる
スキー場もあります。

4~5歳の幼児であれば
スノースクートで遊ぶこともできます。

 

スポンサードリンク

 

幼児の雪遊び 持ち物は?

 
思いっきり幼児と雪遊びをしたい時に
用意しておきたい持ち物を
ご紹介します。

砂場遊び道具

砂場感覚で
雪遊びができます。

 

シャベル

大きな雪だるまを作る時には
スコップでは小さいので
シャベルで親も一緒になって
楽しみましょう。

危なくないように
プラスチックシャベルを使うのが
オススメ。

雪玉グッズ

雪玉を簡単に作れるグッズが
数多く発売されています。

これで雪合戦や雪のお団子を作って
楽しみましょう。

 

プラスチックの人形・飾り

雪だるまや
雪のお城の飾り付けに使えるのが
プラスチックの人形や飾り。

思い出作りにもなるので
家に何か使えそうな物があれば
持って行きましょう。

 

そり

雪遊びの定番といえば
ソリですよね。

今はビニールチューブのように
現地で膨らませて
ソリとして使うことができる浮き輪が
持ち運びも便利ということで
人気があります。

スマホ

雪遊びは最高の思い出の時。

スマホで動画や写真を撮影して
アルバムにして保管しましょう。

 
 

スポンサードリンク

 

幼児の雪遊び スキー場で楽しむコツ

 
初めてスキー場にいく幼児なら、
スキーよりも雪遊びのほうが
楽しいかもしれません。

でもせっかくなので
スキーの雰囲気を楽しみたい!

そんな幼児には
スキー板もプラスチックの
遊び用スキー板でもいいと思います。

日用品の量販店やスキー場の
売店などで1000円ぐらいで購入できます。

遊び用スキー板なら
スノーブーツで大丈夫です。

もちろん本物のスキー板とスキーブーツ、
スノーボードもレンタルできますが、
だいたいどこのスキー場も
幼児むけサイズは少ないので、
事前に確認または予約をすることを
おすすめします。

 

スポンサードリンク

 

幼児の雪遊び おすすめのまとめ

  • 幼児におすすめの雪遊びは
    ・かまくら
    ・雪合戦
    ・雪だるま作り
    ・そり遊び
    ・スノーストーク
  •  

  • 雪遊びが楽しくなる持ち物は?
    ・砂場遊び道具
    ・しゃべる
    ・雪玉グッズ
    ・人形や飾り
    ・ソリ
    ・スマホ
  •  

  • スキー場の雰囲気を味わいたいなら
    おもちゃのスキーセット。
スポンサードリンク

-スキー・スノボー
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.