映画

悪と仮面のルール 感想【映画レビュー】

投稿日:

今回は2018年1月13日から公開されている映画・悪と仮面のルールについての感想をご紹介します。

 
 

 
 
 
スポンサードリンク

 

悪と仮面のルール 感想 ネタバレなし

 

ダークな雰囲気が強く、終始シリアスな展開でした。

俳優さん達の演技もよく、原作小説の良さをみごとに再現できていると思いました。

 

主人公の久喜文宏の悪になりきれない純粋な青年の姿や葛藤が映像から伝わってきました。

 

そして、生きるとはどういうことなのか?というテーマについても強いメッセージも残しています。

 

スポンサードリンク

 

悪と仮面のルール 感想 ネタバレあり!

 

あらすじ

邪の家系・久喜家に生まれた文宏が、顔と名前を変え、愛する香織を邪の家系から守るというストーリーです。

 

メッセージ性の高い作品

映画を見終わって、特に感じた感想が作者がいかに「生きるとはどういうことなのか」について、答えを出そうとしているのかについてです。

悪と仮面のルールに登場する人物は、共通して何かしら辛い過去や自分の弱さを抱えています。

ラスボス役の幹彦ですら、映画を見ていると、本当は可哀相な人なのだろうなと感じさせるほど。

そんな中、終盤では文宏なりの答えを展開していくのですが、この点が映画の見どころだと思います。

 

セリフが多く、映像の動きは少ない。

ストーリーはとても面白く楽しめますが、内容が内容だけにセリフが多いです。

反面、映像の動きは少ないため、全体的に起承転結がわかりにくいように感じました。

 

ミステリーよりも、純愛系の要素が強い

僕も最初はミステリー映画を見るつもりで劇場へ足を運んだのですが、見終わった感想としては、純愛映画としての要素が強かったように感じます。

闇を抱えて生きてきたとイメージの文宏でしたが、中盤以降は常識を持った純粋な青年として描かれています。

そして香織も悩みを抱えながらも、誠実さがにじみ出てくる性格。

 

さまざまな要素が詰め込まれていますが、最終的には二人の純愛ストーリーだったのではと感じました。

総評

タイトルのイメージとしては、もっとドロドロした暗いイメージなのかと思いましたが、ストーリーもわかりやすく、とてもスッキリとした映画でした。

ただ内容としては大人向けで、男性よりも女性の方が感情移入できると思います。

 

スポンサードリンク

-映画

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.