映画

キングスマン・ゴールデンサークル感想&評価

投稿日:

今回は2018年1月5日から公開されている、キングスマン・ゴールデンサークルの感想と評価の特集です。

イギリスのスパイアクションとしてヒットした「キングスマン」の続編。

いったいどのような作品なのか、気になる方に役立つ情報をご紹介います。

 
 

 
 
 
スポンサードリンク

 

キングスマン・ゴールデンサークルの感想

 

僕は前作の「キングスマン」を見ていなかったので、このシリーズは初見になります。

 

キングスマン・ゴールデンサークルを見た感想は、まさに衝撃でした。

いきなり爽快なアクションがあったかと思えば、ジョークなのかと思うような、ありえないストーリー展開、重要人物かと思っていた人が即退場、味方と思っていた人が敵のような、敵でないような・・・

 

いい意味で、めちゃくちゃに面白さを詰め込んだような作品でした。

 

 

ストーリーの評価

 

キングスマン・ゴールデンサークルのストーリーは、イギリスのスパイ機関・キングスマンの本拠地を敵に襲撃されて大破、その後世界中の人の命を助けるために、新しい仲間と共に戦うという内容です。

 

ストーリー内容としては、ジョークとシリアスを交えた展開ですが、RG12ということもあり、ショッキングな場面も多々あります。

人によっては、目を伏せたくなる場面があったり、シュールなシーンがあったりします。

 

ただ、ひとつはっきりと言えることは、ストーリーの展開を予測することは不可能

大どんでん返しが何度もあります。

 

アクションの評価

 

ストーリー展開はとんでもないことになっていますが、アクションは最高級!

今までのアクションシーンに飽きているという人がいるのなら、ぜひ鑑賞して欲しいというほどの仕上がりです。

 

クールでいて激しく、五感がわくわくするのようなアクションが、凄く楽しめました。


スポンサードリンク

映像の評価

映像演出も凝っています。

キングスマン・ゴールデンサークルを始めていると、とにかくアクションシーンの凄さに眼を奪われますが、日常風景のセットのこだわりや、奥行きのある風景の映像がとてもリアルです。

とにかくシリアスなストーリーなのに、しつこいほどジョークを入れてくるので、ギャグ漫画を見ているような気分になる時がありますが、綺麗な映像を入れることによって、シリアスなストーリーへ引き戻してくれます。

 

ただ、ストーリーの項目でも触れた通り、かなりシュールなシーンが映像化されているため、見る人を選ぶ作品と感じました。

 

スポンサードリンク

-映画

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.