旅行・観光

兵庫の海の幸「たこ飯」が食べられるオススメのお店5選

投稿日:

兵庫の郷土料理のひとつ「たこ飯」。

美味しいタコとごはんを一緒に堪能できる人気グルメです。

その調理法はお店によって違うため、観光旅行で美味しいたこ飯を探すのも楽しみの一つ。

今回はそんな兵庫のたこ飯が食べられるオススメのお店をご紹介します。

 

ナビゲーター:Kaitoさん
 
 

 
 
 
スポンサードリンク

 

兵庫 たこ飯のお店 おすすめ5

喜楽

 

明石の魚の棚商店街で営業している「喜楽」は、安価で新鮮な海鮮料理を楽しめる定食屋さんです。

天丼や刺身といったメニューも人気なのですが、やはりたこ飯は外せません。

 

単品のたこ飯の場合、喜楽では650円という破格で楽しむことができます。

出汁が効いたご飯に肉厚なタコが入った喜楽のたこ飯を650円で食べられるのはハッキリ言ってお得です。

 

明石のタコをもっと楽しみたいなら、ちょっと贅沢に「たこ定食」を頼むのもよいでしょう。

たこ定食は1300円で、たこ飯はもちろんタコの刺身・タコの煮付けなどがついたタコづくしのセットになっています。

 

淡路屋

「淡路屋」は、おそらく日本で最も有名なたこ飯を作っているお店ではないでしょうか。

兵庫を代表する駅弁「ひっぱりだこ飯」を作っているお弁当屋さんです。

 

持ち帰りできる本物のタコ壺を開けると、8本の足が繋がったままの大きなタコが出現します。

大きいので食べにくいかと思いきや、噛んでみると意外なほどに柔らかく、モチっとした食感で簡単に噛み千切れます。

細かく刻まれたアナゴの身がたこ飯のアクセントになっているので、最後まで飽きずに食べ進めることができます!

 

ちなみに淡路屋さんのひっぱりだこ飯は駅弁なので、基本的に実店舗では食べられません。

兵庫県内の駅で購入することができますので、列車旅を楽しむ際には探してみてくださいね。

 

ながさわ 明石江井ヶ島酒館

明石だこ料理全般を取り扱っている飲食店「ながさわ 明石江井ヶ島酒館」のたこ飯もかなりオススメです。

ながさわは明石だこをまるまる1匹天ぷらにした「びっくりたこドン定食」などで知られていますが、スタンダードなたこ飯のほうもかなりレベルが高いんです。

 

ながさわのたこ飯は、昆布出汁の風味がしっかりと香る上品な逸品となっています。

タコは細かめにカットされていますが、全体にまんべんなく行き渡る量が入っているので食べごたえも満点です。

 

特徴的なのは「ひつまぶし」を彷彿とさせる独特な食べ方。

1膳目は普通に、2膳目はネギや海苔などの薬味を添えて、3膳目には出汁をかけて味わいます。

どれも明石のタコの良さを引き出してくれる最高の食べ方になりますよ。

 

明石焼き たこ庵

明石焼きの名店として愛されている「明石焼き たこ庵」ですが、実はたこ飯も美味しいんです。

このお店はタコ料理にこだわりをもっていて、明石焼きやたこ飯以外にもタコの塩辛・タコキムチ・タコワサビなど、タコの1品料理が豊富です。

 

地域に密着したお店なので、たこ飯の値段もかなりリーズナブル。

大サイズのたこ飯が400円、小サイズだと300円で食べることができます。

お値段が安いので、名物の明石焼きと一緒に注文してガッツリ食べるという男性客にも人気ですよ。

 

人丸花壇

最後にご紹介しておきたいのは、兵庫で食べられるたこ飯のなかでも「最高級」の称号を与えるべきお店です。

最高級のたこ飯を提供してくれるのは明石随一の老舗料亭旅館「人丸花壇」で、たこ飯に限らず全ての料理が兵庫県内でトップレベルの名店です。

たこ飯は会席料理に含まれるのですが、会席料理はコースによって6000円~2万円ほどかかるので、ちょっとハードルは高めです。

 

しかし、明石ダコを食べつくすならこれほど完成されたコースは他に無いでしょう。

オススメは1人1万円の「蛸づくし会席」で、先付けの蛸諸味漬から始まり、蛸塩辛他五種盛・蛸豆腐の吸物・蛸の薄造り…と、次々に本格派のタコ料理が出されていきます。

特にタコの扱いに長けた人丸花壇が提供するたこ飯は、間違いなく全国の有名料亭と比べても負けることのない絶品に仕上がっています。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 喜楽
  •  

  • 淡路屋
  •  

  • ながさわ 明石江井ヶ島酒館
  •  

  • 明石焼き たこ庵
  •  

  • 人丸花壇
 
 

スポンサードリンク

-旅行・観光

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.