沖縄

沖縄の服装 12月1月2月 冬のオススメと注意点は?

投稿日:

今回は冬の沖縄の服装についての特集です。

旅行で冬に沖縄へ行く方も多いと思いますが、その時にどんな服装を選べばよいのか迷うことはないでしょうか。

そこで12月1月2月、それぞれの沖縄の気温の傾向から服装選びのコツや注意点をご紹介します。

 

ナビゲーター:Kaitoさん
 
 

 
 
 
スポンサードリンク

 

沖縄の服装 12月 冬のオススメは?

 

12月に入ると本格的に沖縄の冬が到来です。

気温にはまだまだバラつきがありますが、ときおり暖かい日が混ざることもあります。

しかし後半になると驚くほど寒くなるので、常にジャンパーやダウンを用意しておいたほうがいいです。

 

日中と朝晩の気温差が激しく、今日は暖かいと思い半袖スタイルで出かける人もいますが、夕方に急に冷え込み大変な思いをする場合もあります。

 

沖縄の服装 1月 冬のオススメは?

天気の良い日なら気温が20℃を超えることもありますが、風が強いのでまだまだ寒い時期が続きます。

12月から引き続き、ジャンパーやダウンを用意して冷たい風を遮るようにしましょう。

暖かい時間の時と、朝晩の気温差に備えて、重ね着コーデをしておくのがコツです。

下旬になると、冷え込みはきつくなってくるので、防寒対策を忘れずに。

 

沖縄の服装 2月 冬のオススメは?

沖縄県で最も寒くなるのが2月です。

雪が降ることはないのでマフラーや耳当てまで用意しなくても大丈夫ですが、体感温度はかなり低くなります。

常に厚着をして出かけなければならない季節です。

特に海から冷たい風が来るので、風を通さない服装選びがポイントです。

 

スポンサードリンク

 

沖縄の服装 冬の気温の注意点

 

沖縄の冬は寒い!ということを理解しよう

よく「冬は暖かい沖縄で過ごしたい」と考えて沖縄に来る観光客がいます。

もちろん沖縄は北海道などに比べれば暖かいのでしょうが、「沖縄の冬は暖かい」という考え方には注意も必要です。

結論から言えば、沖縄だって冬には相応に寒くなるからです。

 

11月初旬ごろまでは半袖でも過ごせますが、12月~2月にかけてはそれなりに厚着する必要があります。

分厚いコートや耳当てが必要とまでは言いませんが、少なくとも長袖シャツの上からジャンパーやダウンを着る必要はあるでしょう。

 

天気予報を見ると沖縄の冬は15℃~22℃くらいの気温で推移しています。

気温だけを見ると暖かそうに見えますが、実は沖縄県は周囲を海に囲まれているため、海から非常に冷たい風が吹き込み続けているのです。

太陽光が強いので気温は高いのですが、海から吹く冷たい風のおかげで体感温度はかなり低くなるので、冬の沖縄では地肌を風から守れるような服装を心がけておきましょう。

 

気温の変動が大きいのも特徴

 

沖縄の冬の気温は非常に不安定です。

昨日まで20℃を越えていたかと思えば、1日で一気に13度くらいまで下がったりもします。

 

また、昼は半袖でも歩けるほど暖かかったのに、午後になって一気に真冬の気温になることも珍しくありません。

これも、沖縄が海に囲まれているために起こる現象のひとつです。

沖縄の冬の気温は風向きや風速に影響されやすいので、天気予報だけではその日の寒さを測定することが困難です。

 

そのため、ホテルから出発する前に「今日は暖かいから」と薄着で出かけた観光客が、午後になって震えているなんて光景がよく見られます。

沖縄の冬は非常に不安定なので、いつでも脱ぎ着できる上着を持ち歩くのがベターだといえるでしょう。


スポンサードリンク

まとめ

  • 沖縄も12月は本格的に冬シーズン。

    気温にバラつきがあり、寒い時と暖かい時の差が激しいことに注意。

    暖かいと感じてもジャンパーなどは用意しておきましょう。

  •  

  • 1月の沖縄は、暖かい気温の日もありますが、風も強いため寒い時期です。

    上旬は気温差対策に重ね着コーデを。

  •  

  • 1月下旬から2月は防寒対策をしっかりとしましょう。
  •  

  • 気温だけ見ると冬でも沖縄は暖かそうですが、風の影響で寒さを強く感じます。
 
 

スポンサードリンク

-沖縄
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.