京都

インスタ映えしそうな京都グルメ5選

投稿日:

京都観光でグルメの楽しみ方のひとつが、インスタを使った投稿ですよね。

思い出を友達と共有したい!

京都ならではの綺麗な料理を記念に残しておきたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インスタ映えのする京都グルメのオススメを5つご紹介します。

 

ナビゲーター:Kaitoさんが紹介します。
 
 
 

スポンサードリンク

 

祇をん 豆寅「豆すし懐石」

情緒あふれる祇園花見小路通り、歌舞練場の真向かいにあるのが「祇をん 豆寅」です。

京都の伝統を重んじつつ、独創的な創作和食を提供するお店として地元の舞妓さんたちに愛されています。

 

この店で「インスタ映えする!」と話題になっているのが、名物の「豆すし懐石」。

一般敵なお寿司の半分ほどのサイズしかない小さなお寿司で、まるでミニチュアのような可愛らしさがあります。

もともとは「おちょぼ口の舞妓さんでも食べられるように」という実用的な役割を担っていた小型のお寿司ですが、その見た目の可愛さの虜になる女性が急増しています。

 

ASSEMBLAGES KAKIMOTO「ピスタチオと大葉のソルベ」

「ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アサンブラージュ カキモト)」は、世界的に有名なパティシエである垣本 晃宏さんのお店です。

垣本晃宏さんはこれまでに、「ワールドチョコレートマスターズ」などの有名な洋菓子の世界大会で幾度となく名誉ある賞を受賞しています。

 

垣本晃宏さんの作り上げるスイーツは、もはやアート作品の域に達しているといっても過言ではありません。

美味しさは言うまでもなく、視覚を楽しませる「見た目の華やかさ」を追求したスイーツを次々に生み出しているのです。

 

ここでインスタ映えするメニューは「ピスタチオと大葉のソルベ」。

運ばれてくるのは綺麗な球体のチョコレート…なのですが、そのまま食べるわけではありません。

火をつけたストロベリーリキュールをチョコレートにかけると、たちまちチョコレート全体が炎に包まれて溶け出します。

燃えるチョコレートの中から緑色のソルベが出現するまでの一連の流れは実に芸術的で、インスタグラムをやっていない人でもつい写真を撮りたくなってしまうことでしょう。

 

喫茶ソワレ「ゼリーポンチ」

昭和23年創業、喫茶店としては老舗の部類に入る「喫茶ソワレ」が、インスタグラムの普及と共にブーム再燃しています。

女性を中心に人気となったのが、喫茶ソワレの看板メニューでもある「ゼリーポンチ」です。

 

ゼリーポンチは冷たいサイダーにゼリーとさくらんぼを浮かべたシンプルなメニューですが、見た目が非常に美しいです。

グラスいっぱいに入ったゼリーは赤・青・緑・黄・紫とカラフルに色づけされており、店内を照らす青い光を浴びてキラキラと輝きます。

 

まるでおとぎ話に登場するような見栄えのゼリーポンチは、写真に写すことでより幻想的な雰囲気を増します。

昔ながらの素朴なクリスタルグラスに注がれているのも、カメラを通してみると不思議とクールに写ります。

 

ショコラ ベル アメール京都別邸「瑞穂のしずく」

「ショコラ ベル アメール京都別邸」は2015年にオープンしました。

上品な味わいと、芸術品のような彩りを持つチョコレートが売りの、新進気鋭の洋菓子店です。

 

この店のチョコレートはどれもインスタ映えするものばかりなのですが、特にオススメしたいのが「瑞穂のしずく」という逸品。

瑞穂のしずくは、いわゆる「チョコレートボンボン」の日本酒バージョンのようなチョコレートです。

日本酒を飲むときに使用する升を模したチョコレートに、透明の日本酒ジュレを流し込んで作られており、その見た目は「日本酒のミニチュア」といった感じ。

口に入れれば厳選された日本酒の芳醇な香りが広がり、見た目にも味にも大満足のチョコレートとなっています。

 

ECOPRESSO京都「エコプレッソ」

「ECOPRESSO京都」は「食べられるカップのお店」として話題になっているお店です。

インスタグラムの定番とも言える「ラテアート」ですが、この店ではラテアートに使用するコーヒーカップが、なんとクッキーで出来ているんです!

カップまで無駄なく食べられるところがエコ!ということで、ECOPRESSO京都のエスプレッソは通称「エコプレッソ」なんて呼ばれています。

 

厚さ2センチほどの分厚いクッキー生地で出来たカップには、ちゃんと本物のエスプレッソが注がれています。

徐々にクッキーに染みてくるので長時間保存することはできませんが、エスプレッソを飲み干すくらいの時間は余裕で持つので慌てる必要はありません。

 

クッキー生地には「ECOPRESSO」の文字がアイシングで刻まれ、見た目の可愛らしさはバツグンです!

なんとなく童話「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家を彷彿とさせるような、メルヘンなキッキーカップの見栄えはインスタ好きの心を掴んで離しません。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 祇をん 豆寅「豆すし懐石」
  •  

  • ASSEMBLAGES KAKIMOTO「ピスタチオと大葉のソルベ」
  •  

  • 喫茶ソワレ「ゼリーポンチ」
  •  

  • ショコラ ベル アメール京都別邸「瑞穂のしずく」
  •  

  • ECOPRESSO京都「エコプレッソ」
 
 

スポンサードリンク

-京都

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.