映画

ナミヤ雑貨店の奇蹟 感想と考察 ラストは?【ネタバレ注意】

投稿日:

ナミヤ雑貨店の奇蹟は2012年に小説で発売され、2017年9月23日に映画で公開されます。

そこで映画・ナミヤ雑貨店の奇蹟を見てきた感想(ネタバレ注意)や考察、そしてラストはどうなったのか等の映画レビューをご紹介します。

 

ナビゲーター:本郷七音斗さんが紹介します。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • ナミヤ雑貨店の奇蹟の感想 ネタバレ注意。
  •  

  • ナミヤ雑貨店の奇蹟の考察
  •  

  • ナミヤ雑貨店の奇蹟 ラストは?
 
 
 
スポンサードリンク

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟 感想は?

 

オススメのポイント

小説や舞台とは違った映画ならではの雰囲気。

いつのまにか、眼に涙が溢れる作品。

ナミヤ雑貨店店主の名演技。

 

あらすじ

3人の若者(敦也・翔太・幸平)は、ある家でどろぼうをして、警察から逃げるところから話が始まります。

そして逃げ込んだ先が、今は閉店して誰にも使われなくなったナミヤ雑貨店。

そこへ突然、1980年から相談の手紙が送られてきます。

3人は戸惑いながらも、その相談に返事を書くことに・・・。

 

ですが、この時間を超えた手紙のやり取りは多くの人達との繋がりがあり、自分達にも繋がっていることに気づきます。

 

感想 ネタバレ注意。

ナミヤ雑貨店の奇蹟の映画については、原作を見ているかどうかで大きく感想がわかれると思います。

ストーリー構成

この作品の特徴は、3つのストーリーと、若者3人組、そしてナミヤ雑貨店店主・波矢雄二の生きざまという5つの要素で構成されています。

原作では、さらに2つのストーリーがありますが、映画では月ウサギと、夜逃げの話はカットされていました。

 

時系列がわかりにくいのも魅力

時系列があちこちに飛びながらも、最終的にはすべての人間関係に繋がりがあるとこが浮かび上がってくる点です。

 

もし、「時間を超えて手紙のやり取りをする」という設定がなければ、もっとわかりやすい映画になっていたのかもしれませんが、それではナミヤ雑貨店の奇蹟の不思議な魅力は半減されてしまっていたでしょう。

 

主人公はだれなのか?

初見で映画を見る人は、若者3人組のリーダー・敦也が主人公と思うのではないでしょうか。

ですが、この映画の主人公はそれぞれのシーン毎に代わっていると考えた方が、わかりやすいのではないでしょうか。

各々が自分の生き方について悩み、ナミヤ雑貨店に相談するという経緯は辿るも、自分自信の考えで生き方を決めていくということがテーマの一つにあると思います。

 

また悩み相談を受け付ける人は、他の人よりも優れているように見られがちですが、ナミヤ雑貨店店主も死ぬ直前まで悩みながら、最後に未来からの手紙を受け取ることで、自分の生き方に答えを出せたシーンは感動ものでした。

やはり西田敏行の名演技なくしては、この映画は完成しなかったのではとすら思えます。

 

全てがピースで、最後の歌が流れる所でこの映画が完成する。

元々、ナミヤ雑貨店の奇蹟のストーリーはすべての内容を知って、それぞれの繋がりを理解していくという、ファンタジーのようなミステリー要素が魅力の一つではあります。

ですが、映画においては、ストーリー要素とは別に、全体の雰囲気についても注目して欲しいです。

 

正直、最初の間はナミヤ雑貨店のある町の雰囲気はどこか作り物っぽいというか、なにかが抜けているような印象がありました。

ただ、それぞれのストーリーを追ってみているうちに、徐々に町の雰囲気に違和感がなくなり、最後の山下達郎の歌が流れた所で、ナミヤ雑貨店の奇蹟の世界観が完成するのを感じました。

 

先ほど書いた通り、ミステリー&ファンタジー系のストーリーとは別に、雰囲気に浸り、映画が終わった後の余韻を楽しむ映画でもあるのではと感じています。

 

スポンサードリンク

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟の考察

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟は時系列が少しややこしい所がありますが、じっくりと考察してみると、綺麗に整っていて、多くの疑問もしっかりと答えが出ているのも特徴です。

 

なぜ時間を超えて手紙のやり取りができたのか?

ナミヤ雑貨店の相談手紙が、どうして時間を超えてやり取りできたのかについて、映画ではナミヤ雑貨店店主の遺言がきっかけになっていました。

ただそれとは別に、かつてナミヤ雑貨店店主を愛し、若者3人組も含めた登場人物の多くの人が関わっていた丸光園の創業者・皆月暁子の存在が大きいですね。

暁子は死んだ後もナミヤ雑貨店や、丸山園を見守っていたことが描写されており、そのことが今回の奇蹟に繋がっているのだと考えられます。

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟 ラストは?

 

映画のナミヤ雑貨店の奇蹟では、若者3人組は自首をするために、田村晴美の前に現れる所で、エンドロールに入ります。

エンドロールでは、山下達郎の歌が流れる中で、若者3人はそれぞれが子供の頃に描いた夢をそれぞれの形で叶えている姿が映し出されます。

またその中には、若者3人と田村晴美が手紙でやり取りするシーンも加えられており、お互いが理解し合える関係になったことが伺えます。


スポンサードリンク

まとめ

ナミヤ雑貨店の奇蹟は、最初の30~40分程は淡々と進みますが、中盤以降は特に惹き込まれる内容となっています。

ミステリーのようなファンタジーのような不思議な作品で、小説を読んだ時はレトロな印象を受けましたが、映画では最後まで見ると心温まるとてもいい雰囲気に包まれました。

 

僕が見ている時でも周りから鼻をすする音が聞こえていたので、泣いている人も多かったのだと思います。

 

とてもメッセージ性が強く、幅広い年齢層の方々が、それぞれの視点で見ることができる作品でした。

スポンサードリンク

-映画

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.