映画

エイリアンコヴェナント 感想と考察【ネタバレ注意】

投稿日:

今回は、2017年9月15日から日本で公開される映画・エイリアンコヴェナントの感想と考察を紹介します。(ネタバレ注意)

映画エイリアンと言えば、1979年に公開され、現代にまで続く大作です。

エイリアンコヴェナントがどんな映画なのか気になる方に役立つ記事となっています。

 

ナビゲーター:本郷七音斗さん
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • エイリアンコヴェナントの感想 ネタバレ注意!
  •  

  • エイリアンコヴェナントの考察
  •  

  • エイリアンコヴェナント 次回作は?
 
 
 
スポンサードリンク

 

エイリアンコヴェナントの感想 ネタバレ注意!

 

エイリアン・コヴェナント ネタバレなしの感想

あくまで個人的な感想ですが、エイリアンシリーズを見てきた僕としては、前作のプロメテウスは、物足りなかったというのが正直な所です。

 

ですが、今回のエイリアン・コヴェナントでは、本来の映画「エイリアン1」に近づいたような印象があります。

さまざまな所で見せる、衝撃的なシーンや、影から歩み寄る不気味さと恐怖などは、2017年によみがえったエイリアン映画でした。

 

所々に散りばめられた、過去のエイリアンシリーズを彷彿させるシーンや、宇宙船やコクピットのデザインも、「エイリアン1」に近づけているのがわかります。

 

見た人は、エイリアン1を強くイメージすると思いますが、僕の印象では、よりサスペンス要素が強くしたように感じます。

 

CG映像ではないホラー映画ならではのスリルを味わいたいという方にオススメの作品です。

 

主要人物

※ここからネタバレ要素が強くなりますので注意してください。

 

【ジャネット】

本作品の主人公の女性。

人類移住計画で船のナンバー2。

船長だったブラウンの妻。

 
 

【ウォルター】

コヴェナント号をサポートするアンドロイド。

デヴィッドの後継機で姿は似ている。

夫を失ったジャネットを労わり、時にはエイリアンから身を挺して人を守るなど、アンドロイドでありながら人を思いやる優しさがある。

 
 

【デヴィッド】

前作「プロメテウス」に搭乗していたアンドロイド。

プロメテウスでは、エリザベスと共に最後まで生き残り、エンジニア(人間を作った存在)に会いに行こうとするところで終わる。

 

見どころ

・プロメテウスでは、不完全だったエイリアンが、どうしておなじみの生態へと進化したのか。

・本来のエイリアンにあった、スリルがある。

・前作「プロメテウス」で曖昧になっていた謎の部分が解明される。

・デヴィッドの狂気じみた「創造」への暴走。

 

序盤の感想

 

このエイリアン・コヴェナントは、前作「プロメテウス」の続編で、ストーリーもしっかりと繋がりがあります。

新しい惑星にコールドスリープした2000人を移動する宇宙船コヴェナント号。

 

序盤はいきなりコヴェナント号に異常が起き、コールドスリープしていたクルー達が緊急覚醒させるところから始まります。

 

この時に船長を失い、次の方針を模索していた時に信号をキャッチ。

その信号発信先の星が、理想的な環境であることから、予定を変更し、この星を調査することになるところから始まります。

 

ところがその星には、人類の植物が生い茂っているのに、生物がいないという不自然な環境でした。

さらに、植物から放出される粉がクルーの体内に入ると急激に体調が悪化、さらには体内を突き破って、白いエイリアン(ネオモーフ)が登場し、暴れ始めます。

 

素早いエイリアンに苦戦するコヴェナント号のクルーたちを助けたのは、プロメテウス号の生き残りデヴィッドでした。

 

ここまで見たときに、白いエイリアンや、植物の粉を吸い込んだだけで、寄生されるなど、僕達が知っているエイリアンの生態と大きく違う点が違和感を感じていました。

それでも白いエイリアンが、なかなかに気持ちが悪く、いい意味で新しいエイリアンとしての存在感がありました。

 

中盤の感想

助けられたコヴェナント号のクルー達は、デヴィッドのホームへ向かい、そこで救助を待つことにします。

ところがそこで知ったのは、デヴィッドの異常な創造への欲求でした。

 

ジャネットやウォルターは、犠牲を払いながらもデヴィッドの陰謀に気づき、その場を脱出しようとするも、完全体となったエイリアンが現れ、執拗に追いかけてきます。

 

中盤を見た感想は、デヴィッドの存在感がエイリアン映画をサスペンス要素の強いものへと変化させているのが印象的です。

創造することへのこだわりが、デヴィッドの存在をモンスターへと変化させています。

 

ラストの感想は?

ジャネットとウォルター、そして操縦士のテネシーはエイリアンとの闘いの末、無事に船に戻り、本来の惑星へ向かうことになります。

 

そしてすべてのことを、ウォルターに任せて、ジャネットとテネシーはコールドスリープに入ろうとするのですが、ここで衝撃のラストがわかります。

 

最後まで見て、プロメテウスで暴かれなかった謎がいくつか解明されたように思われますが、まだまだ謎の部分が多いと感じました。

 

その後、デヴィッドはどうなったのか?そしてエイリアン1に登場するアッシュとの繋がりは?

そもそもデヴィッドはどうしてここまで極端に創造することに執着することになったのかなどが曖昧になったままなのも疑問点です。

 

スポンサードリンク

 

エイリアンコヴェナントの考察

 

時系列は?

今回観賞してきたエイリアンコヴェナントはエイリアンシリーズでは、映画「プロメテウス」から10年後であり、映画「エイリアン1」の18年前の世界を描いています。

時系列では、

プロメテウス

エイリアンコヴェナント

エイリアン1

エイリアン2

エイリアン3

エイリアン4

 

と繋がります。

 

厳密にはプロメテウスの前に、エイリアンVSプレデターが入ります。

 

ウェイランド社の影の支配者はデヴィッド?

エイリアンシリーズを見ている人が疑問に思うことに、ウェイランド・ユタニ社がどうしてここまでエイリアンに固執するのかということではないでしょうか。

はっきりいってウェイランド社のエイリアンへの執着は行き過ぎです。

どれだけ損害を被っても、エイリアンを研究し続け、結果倒産するわけですが、僕はこのエイリアン・コヴェナントを見て、デヴィッドがウェイランド社を乗っ取ったのではと考えています。

 

劇中でもありましたが、デヴィッドのアンドロイドモデルは、人間に近すぎて人類の脅威になると考えたウェイランド社は、後継機からはそういった要素を排除し、性能のみを強化していると話しています。

ですが、映画「エイリアン1」に登場するアッシュのセリフは、デヴィッドの思想に近いようにも感じます。

 

エイリアンコヴェナント 次回作は?

 

まだまだ謎が多い、エイリアンシリーズですが、エイリアンコヴェナントの次回作の噂もあります。

エイリアン・アウェイクニング(仮名)で、プロメテウスとコヴェナントの間のストーリーを描いたものになりそうです。

 

注目はやはり、デヴィッドがなぜここまでエイリアンを進化させることに暴走するようになったのかについてですね。


スポンサードリンク

まとめ

映画エイリアンシリーズの中でも、初期の作品が好きな方には、納得できる要素が多かったと思います。

主人公はジャネットでしたが、それ以上にデヴィッドの存在が大きいですね。

エイリアンシリーズではアンドロイドの存在が重要な役割を持っているのですが、その部分をより強調しているように感じます。

 

正直、映像に関しては、かなりグロいです。

僕は見ることができましたが、近くにいた人が顔を背ける時もありました。

エイリアンらしいといえば、そうなのですが・・・・。

 

またこれもエイリアンらしいといえば、そうなのですが、新しい謎を夏休みの宿題のように、大量に置いていってくれています。

特にプロメテウス・コヴェナントで何度も登場するキーワードにエンジニアの存在がありますが、絶滅の経緯などがざっくりとしか描かれていません。

他にも、どうしてエンジニアは地球に人類を作ったのかについても放置のまま。

次回作ではこの辺りが出るかもしれませんね。

スポンサードリンク

-映画

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.