旅行・観光

地元の味を堪能!兵庫の郷土料理の名店5選

投稿日:

今回は兵庫の郷土料理を楽しめるグルメスポットをご紹介します。

兵庫も観光地として人気の高いスポットですが、そんな地域だからこそ食べた郷土料理の名店をチェックしたいですよね。

おすすめしたお店は沢山ありますが、今回はその中から5店選んでご紹介します。

 

ナビゲーター:Kaitoさん
 
 
 

スポンサードリンク

 
 

明石焼き「本家きむらや」

まずご紹介するのは明石焼きの名店「本家きむらや」です。

大正13年創業という老舗中の老舗で、昔から変わらない素朴な味の明石焼きを作り続けています。

 

本家きむらやの明石焼きは、卵特有のフワフワ食感と香ばしい風味が味わえる逸品です。

具のタコも明石の市場で毎朝仕入れてくる新鮮なものだけを使っており、プリプリとした食感が絶妙です。

 

そのまま食べてもよし、ソースを塗っても美味しい本家きむらやの明石焼きですが、やはり出汁につけるのが一番オススメの食べ方です。

後味の良いあっさり出汁につけると、明石焼きが出汁の旨味をこれでもかと吸ってくれるのでより香ばしく味わい深い食べ物に早変わりします。

 

ぼっかけ焼きそば「長田本庄軒」

神戸長田の味として知られる「ぼっかけ」には、うどんにかけたり、お酒のつまみにしたりと様々な楽しみ方があります。

数あるぼっかけの食べ方の中でも、今回特にオススメしたいのが「ぼっかけ焼きそば」、そして最高のぼっかけ焼きそばを提供してくれる人気店「長田本庄軒」です。

 

甘辛く煮込まれたぼっかけは、基本的に炭水化物との相性が抜群です。

その点、ぼっかけ焼きそばはまさに「ぼっかけ×炭水化物」の理想形とも言える料理で、噛めばジュワッと溢れ出すぼっかけの旨味と焼きそばの麺がベストマッチしています。

 

長田本庄軒では濃いめに味がついたぼっかけに合うように調整した自家製の中太麺を使用しており、他店と比べてもレベルの高いぼっかけ焼きそばを提供してくれます。

味付けには神戸の地ソースとして有名な「オリバーソース」を使用しているため、焼きそば全体の甘みが増して食欲を増進させてくれます。

 

姫路おでん「停主」

兵庫県内でも、特に姫路市周辺で食べられている郷土料理が「姫路おでん」です。

おでんのタネは全国的によく見られるものと変わりませんが、おでんに生姜醤油をかけるという独特な食べ方で知られています。

そんな姫路おでんの名店のひとつに数えられるのが、姫路市にある「停主」です。

 

停主のおでんはとにかく味が染みていて美味しいんです!

姫路おでんの醍醐味は生姜醤油をつけて食べることですが、この店のおでんに限っては何も付けなくても充分味が染みているのでどんどん箸が進んでしまいます。

何かをかけるのがもったいない…と感じてしまうほど美味な停主のおでんですが、生姜醤油をつけるとこれまた相性抜群!

そのまま食べても文句なしに美味しいおでんだからこそ、生姜醤油の強い味にも負けずに旨味を引き出してくれるんです。

 

ぼたん鍋「近又」

猪の肉を使った「ぼたん鍋」は、兵庫県の郷土料理として「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれたことのある由緒正しき料理です。

縄文時代から日本人に食されていたといわれている猪の肉ですが、それを初めて「ぼたん鍋」という形で調理した発祥の店が今でも残っていることをご存知でしたか?

日本で初めて猪肉を鍋にして提供した店とされているのが、創業400年を超える老舗旅館「近又」です。

 

近又は歴史ある旅館ですが、宿泊施設だけではなく料亭としての顔も持ち合わせています。

宿泊客でなくとも料理を味わうことが可能なので、ぼたん鍋を求めて集まる客で連日賑わっています。

ただし猪肉が捕れる時期には限りがあり、ぼたん鍋は11月~3月までの限定メニューとなっていますので注意しましょう。

 

野生の猪肉は非常に脂肪分が少なく、豚肉や牛肉と比べてもアッサリした味わいなのが特徴です。

もともと臭みがほとんど無い良質な猪肉を使用していますが、近又ではさらに猪肉に合うよう研究された味噌出汁を使うので食べにくさは全く感じません。

 

ビフカツ「洋食の朝日」

港町として発展を遂げ、外国人居留地が置かれていたという土地柄、洋食文化が根強く進化し続けてきた神戸。

洋食店激戦区のこの土地で、今なお絶えず行列を作っている人気店が「洋食の朝日」です。

並ばずに入店できることはほとんどなく、日によっては100人単位の大行列ができていることも珍しくありません。

 

洋食の朝日を訪れる客の目当ては「ビフカツ」です。

全国的にメジャーな「トンカツ」とは違い厚切りの牛肉をカツにした神戸の郷土料理ですが、特にこの店のビフカツは地元民が認める絶品なのです。

ステーキ肉のように分厚い牛肉が使われていますが、かじってみるとサクッと噛み切れる柔らかさに驚かされます。

良質な肉を使っているので肉の中心部は半生の状態で、赤みのある牛肉からはジュワッと旨味が溶け出します。

 

ビフカツにかけられた酸味のあるデミグラスソースも絶品で、どこをとっても非の打ち所が見つかりません。

大行列をくぐり抜けなければ入店すらままならない競争率の激しい店ですが、何時間並んででも食べるべき最強のビフカツがこの店にはあります。
 

スポンサードリンク

まとめ

  • 明石焼き「本家きむらや」
  •  

  • ぼっかけ焼きそば「長田本庄軒」
  •  

  • 姫路おでん「停主」
  •  

  • ぼたん鍋「近又」
  •  

  • ビフカツ「洋食の朝日」
 
 

スポンサードリンク

-旅行・観光

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.