京都

抹茶を使った京都の和スイーツ5選

投稿日:

今回ご紹介するのは、京都の抹茶スイーツ特集です。

今では定番となった和スイーツ。

特に京都と言えば抹茶を使った和スイーツが盛んな地域です。

それぞれのお店が、創意工夫をした抹茶スイーツを販売しています。

そんな京都の抹茶スイーツの中から、オススメの商品を5つご紹介します。

 

ナビゲーターはKaitoさんです。
 
 
 

スポンサードリンク

 

抹茶を使った京都の和スイーツ5選

 

中村藤吉 平等院店「抹茶ゼリイ」

まずご紹介するのは、安政元年(1854年)創業の老舗「中村藤吉」が開発した抹茶スイーツです。

「抹茶黒蜜わらびもち」「抹茶ミルク白玉ぜんざい」など人気のメニューが多いこのお店ですが、今回ご紹介したいのは「抹茶ゼリイ」です。

数多くの抹茶スイーツを取り扱うこの店で、抹茶ゼリイは看板メニューとして知られています。

 

江戸時代から変わらずに良質な抹茶を提供し続けてきた老舗だけあり、中村藤吉の抹茶ゼリイは非常に香り高いのが特徴です。

しかし見た目ほど抹茶の味が強いわけではなく、抹茶の味わいがゼリーならではの爽やかさを一切邪魔していません。

一緒に盛られたあんこと白玉の柔らかい甘味も、風味豊かな抹茶ゼリイにベストマッチです。

 

また、このメニューのほうじ茶バージョンとして「ほうじ茶ゼリイ」もあります。

抹茶ゼリイにほうじ茶ゼリイ、どちらもお茶の扱いに長けた中村藤吉の技術があってこそ生み出せた絶品スイーツです。

 

MACCHA HOUSE 抹茶館「抹茶ティラミス」

歴史あるお茶の名産地である京都において、ちょっと珍しい経歴をもつお店が「MACCHA HOUSE 抹茶館」。

実はこのお店、もともと京都で営業していたわけではなく、シンガポールなどを中心に世界中で人気を博してきた飲食店なんです。

海外で磨き上げられた独特の抹茶文化が京都に逆輸入され、抹茶の本場でも瞬く間に行列のできる人気店に成長しました。

 

なかでも日本人の心を掴んだのが、この店の看板メニューでもある「抹茶ティラミス」。

四角い升に入れられたティラミスは見た目のインパクト抜群!もちろん味の良さも京都府民のお墨付きです!

 

一見すると真緑に見える抹茶ティラミスですが、スプーンですくうと中からトローリとした白いティラミスが出現します。

厳選されたマスカルポーネチーズを使った上品な味わいのティラミスは、香り高い抹茶パウダーとの相性もバッチリです。

 

茶寮翠泉高辻本店「まろ濃い抹茶オレ」

「インスタ映え」なんて言葉が大流行しているこの時代、写真写りの良さにも定評があるのが「茶寮翠泉高辻本店」のメニューです。

この店で提供される「まろ濃い抹茶オレ」は、今流行りの3Dラテアートを取り入れているんです。

 

白く泡立てたミルクを可愛らしいクマの形に整え、緑色の抹茶で顔を描いて提供してくれます。

注文した人のほとんどが写真撮影をするというまろ濃い抹茶ラテは、もはや飲むのが勿体ないレベルの芸術品です。

 

見た目のインパクトだけでなく抹茶の味にもこだわっているあたり、さすがは本場・京都の老舗といったところでしょうか。

可愛らしい見た目に反し、ひとくち飲んでみるとやや苦味の強い本格派の抹茶が使われていることに気づきます。

丁寧に点てた本物の抹茶を使っているからこそ、濃厚で香り高い後味が楽しめる逸品として仕上がっているのです。

 

福寿園「宇治抹茶アイス氷」

こちらも京都を代表する老舗、寛政2年(1790)年創業の「福寿園」の抹茶スイーツです。

福寿園の「宇治抹茶アイス氷」は、毎年9月末ごろまでしか食べられない季節限定の人気メニューとなっています。

 

単に抹茶ソースを使ったかき氷というのは全国各地どこにでもありますが、福寿園の宇治抹茶アイス氷は手の込みようがケタ違いです。

福寿園の宇治抹茶アイス氷は、ただ氷を抹茶味にしているというわけではなく、五色餡を盛り付けた本格派の宇治金時にお茶を練りこんだ白玉、そして抹茶アイスまで乗せた贅沢な「抹茶づくし」のかき氷となっています。

普通の抹茶スイーツじゃ物足りないという抹茶好きの人なら絶対に大満足できるであろう逸品です。

 

氷と名がつくのでかき氷の一種ということにはなっていますが、実際に食べてみるとパフェに近い食べ心地のメニューです。

食べごたえもバッチリなので、男性でも完食すればけっこうお腹いっぱいになるかと思います。

 

シェ・アガタ「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」

メディアで度々取り上げられ、徐々に「京都を代表する洋菓子店」として認知され始めた「シェ・アガタ」。

この店の看板メニューが、他店では決して味わえない「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」です。

 

挽きたて抹茶の贅沢テリーヌは、実にシンプルな材料だけでできたお菓子です。

使われているのは、抹茶・砂糖・小麦粉・卵・バター・ホワイトチョコレートの6つのみ。

たったこれだけの材料を絶妙なバランスで配合することで、これまでにはなかったなめらかな食感のテリーヌを生み出しています。

 

お茶にも徹底的にこだわっており、挽きたて抹茶の贅沢テリーヌには旬の時期に摘んだ新茶を丁寧に熟成させたものしか使わないといいます。

茶葉をストックできる量には限度があるため、挽きたて抹茶の贅沢テリーヌは例年9月ごろ~5月末までの期間限定でしか販売されていません。

期間限定の上、人気すぎてなかなか手に入らないスイーツですが、チャンスがあればぜひ食べてみてください。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 中村藤吉 平等院店「抹茶ゼリイ」
  •  

  • MACCHA HOUSE 抹茶館「抹茶ティラミス」
  •  

  • 茶寮翠泉高辻本店「まろ濃い抹茶オレ」
  •  

  • 福寿園「宇治抹茶アイス氷」
  •  

  • シェ・アガタ「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」
 
 

スポンサードリンク

-京都

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.