旅行・観光

旅の疲れを取る方法とグッズ おすすめの方法を紹介!

投稿日:

今回は旅の疲れを取る方法の特集です。

旅行に出かけると、なぜかいつもに比べて疲労感を強く感じる時はないでしょうか?

そこで今回は旅の疲れをしっかりと取るための方法や、役に立つグッズ、さらになぜ旅に出ると疲れを余計に感じるのかについてもご紹介します。

 

ナビゲーター:MAOさんが紹介します。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • 旅の疲れを取る方法は?
  •  

  • 旅の疲れを取るグッズは?
  •  

  • 旅の疲れはなぜ起きるの?
 
 
 
スポンサードリンク

 

旅の疲れを取る方法は?

 

皆さん、こんにちは。

私は仕事のため1年のほとんどを旅をしながら過ごしています。

そのため、旅に感じる疲れで悩んでいた時期があります。

今回は私が旅の疲れを回復させるために行っているオススメの方法をご紹介します。

 

お風呂にゆっくり浸かる。

疲れを取る方法はいろいろありますが、日常的で効果的な方法としておすすめしたいのは、お風呂にゆっくり浸かることです。

のぼせないように注意は必要ですが、湯舟に浸かると旅の疲れを取れ方は大きく違います。

私はいつも40℃のお湯に5分程入るようにしています。

 

1人になる時間を作る。

友達と話しをするのは楽しいのですが、旅となると休まる時間がなくて、疲れが知らず知らずの内に蓄積されてきます。

なので意識して一人になる時間を作って、気持ちを落ち着かせるようにしています。

 

ホットタオルで目を温める。

私がよく使う方法が、ホットタオルです。

ホットタオルは濡らしたタオルをレンジでチンして、目の周辺に被せる方法です。

熱すぎると火傷するので、加減してくださいね。

 

あと、ホットタオルを目の周辺に置く前に、乳液を顔に乳液をたっぷり塗っておきましょう。

ホットタオルの蒸気で目の周りの水分がなくなり乾燥しやすくなります。

そうなるとカサカサにはなりませんが、クマの原因になる場合もあるので、先に乳液を塗って、ホットタオルの後はお風呂に入るようにします。

 

また、毎日はやるのは逆効果で週に1回くらいが私にはちょうど良かったです。

 

寝る前にストレッチしておく。

寝る前に体の筋肉をほぐしておくと、旅の疲れの取れ方が良くなります。

それほど激しいストレッチは必要ありません。

私は開脚の柔軟体操と、肩と首のストレッチをする程度です。

 

睡眠はリラックスしてゆっくりと。

旅の疲れを取るには、やっぱり睡眠ですね。

睡眠の時にしっかりとリラックスできるのは重要なポイント。

遮光カーテンを使って、光が入らないようにして、リラックスして寝るようにします。

 

なかなか寝付けない人は、快眠用音楽が発売されていますので、そちらもオススメです。

 

スポンサードリンク

 

旅の疲れを取るグッズは?

 

ネックピロー

飛行機に乗る時に役立つアイテムです。

旅の中でも飛行機は特に疲れるので、ネックピローがあるととても助かります。

 

ガム

意外かもしれませんが、ガムも疲れを取るグッズとして活躍します。

ガムを噛むと顎を動かすことで、歯茎や顔面の筋肉が動き、血流が良くなると言われています。

最初は何気なく始めたことでしたが、確かに疲れて頭がぼ~っとしている時にガムを噛むと効果を感じました。

 

めぐりズム

先ほどご紹介したホットマスクを手軽に使える、使い捨てホットマスクです。

効果は少し弱いですが、アロマの香りが良くて目の周辺を温めてくれる時間も長いのが特徴です。

同じく目の周辺の乾燥対策は必要です。

 

フットマッサージ

すこしお値段は張りますが、旅で疲れたときにフットマッサージは気持ちいいです。

足のツボをしっかりと押してくれますし、機種によっては暖かくなるものもあるので、足の血流改善の効果が期待できます。

 

旅の疲れはなぜ起きるの?

 

実は私、よく旅に出ているため、疲れが酷いときに通院していたこともあります。

その時に教えてもらったことなのですが、旅で疲れる原因はいくつもあるそうです。

知らない土地に行くため、緊張して肩がこる場合や、気温の変化による自律神経のバランスが崩れることなど。

飛行機などは、空気の感想と、狭い空間・気圧の変化などから疲労感を感じやすく、また歩く時が多い場合は、足が疲れます。

 

理由はさまざまですが、特に疲れるのが眼です。

眼が疲れる原因は、先ほど挙げた理由に関連していて、集中している時に眼に力を入れてしまっていることが原因でした。

 

私は眼のできるだけ意識して休ませるようにすることと、リラックスすること、スマホの使用頻度を下げることで改善できました。

旅の疲れと言っても、どこにどういった形で出てくるのかわかりませんので、長期にわたって続く場合は、病院に相談してみてはどうでしょうか。


スポンサードリンク

まとめ

  • お風呂にゆっくり浸かる。
  •  

  • 1人になる時間を作る。
  •  

  • ホットタオルで目を温める。
  •  

  • 寝る前にストレッチしておく。
  •  

  • 睡眠はリラックスしてゆっくりと。
  •  

  • 旅の疲れを取るグッズ おすすめ

    ・ネックピロー
    ・ガム
    ・めぐりズム
    ・フットマッサージ

  •  

  • 旅の疲れの原因は、緊張や自律神経の乱れ、他には目の疲れに注意しましょう。
 
 

スポンサードリンク

-旅行・観光

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.