キャンプ

キャンプの寝袋 選び方のポイントは?

投稿日:

キャンプの必須アイテムの一つが寝袋ですよね。

寝袋と一言で言っても、さまざまな種類があります。

単純に価格が安いからという理由だけで選んでしまうと、現地で大変な思いをすることになりかねません。

そこで今回は、キャンプの時に使いたい寝袋の選び方をご紹介します。

ナビゲーターは、ミニクロさんです。
 
 

キャンプの寝袋 選び方のポイント

 

寝袋の形

キャンプの時の寝袋の選び方にはいくつかのポイントがあります。

まず最初に寝袋の形を決めましょう。

現在主流の寝袋にはマミー型とレクタングラー型があります。

マミー型は人形型でレクタングラー型は封筒型です。

マミー型はコンパクトでかさばらないため、荷物を減らしたい時やバイクでのソロキャンプなどに向いていますが、寝心地はちょっと窮屈で寝返りは難しいです。

レクタングラー型はマミー型よりゆとりがある型なのでゆったりした寝心地で寝返りもできます。大きさもシングルサイズやダブルサイズ、キングサイズにくわえて、レクタングラーを2つ繋げて使用したり、寝袋を広げて掛け布団のように使えるタイプもあるので、家族でならんで寝るときの使用にむいています。

夏のキャンプで暑いときにお腹だけ寝袋をかけて足は寝袋からだして使ったりもできます。ただし、かさばるので車に荷物制限があったりバイクでのキャンプには向いていません。荷物をたくさんつめる車キャンプに向いています。
 
 

スポンサードリンク


 

寝袋の耐久温度

 

寝袋には、耐久温度に応じて3シーズン用、冬用、夏用などの種類があります。

記載されている耐久温度+5度を目安に寝袋を選ぶといいですよ。

キャンプ初心者や冬キャンプを予定していないなら、最初は3シーズン用の寝袋を用意されることをお勧めします。

 

寝袋の素材

殆どの寝袋の表面は化繊ですが、裏地は化繊のものと綿やフリース、ウールのものなどがあります。

コンパクトなマミー型は表裏共に化繊が多く、ゆったりしたレクタングラー型は裏地に綿やウールを使っているものもあります。

寝袋のインナーに取り外しのできるフリースブランケットなどを装備している寝袋もあります。

裏地が化繊で肌触りが悪いと感じる場合は綿やフリースの裏地の寝袋にするといいですよ。

 

中綿の種類

寝袋の中綿には主にダウンと化繊の2種類があります。

ダウンは軽くて暖かいですが、高価格なこと、洗濯がしにくいこと、湿気に弱く一度濡れたら乾きにくいこと、カビが発生しやすいなどの維持管理が難しいことが難点です。

一方、化繊はダウンより低価格で、家で洗濯できることが多く、濡れても乾きやすいです。

マイクロファイバーやウルトラファインファイバーなどの保温性が高い化繊を選べば、ダウンより暖かく使い勝手がよいと思いますよ。

子どもがいる家族や犬猫連れのキャンプなどで使う方には、洗濯しやすい化繊の寝袋がおすすめです。


スポンサードリンク

まとめ

  • 寝袋の形の主流は、マミー型とレクタングラー型。
  •  

  • マミー型はソロキャンプ、レクタングラー型は状況に合わせて使い訳ができる。
  •  

  • 寝袋には耐久温度が基準として3つある。
  •  

  • 記載されている耐久温度の+5℃が目安。
  •  

  • 中綿はダウンの方が暖かく軽いですが、高価格で洗いにくいのがネック。
  •  

  • 使い勝手の良さで選ぶなら、中綿は化繊のものがおすすめ。
 
 

スポンサードリンク

-キャンプ

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.