スキー・スノボー

スノーボード 子供が初めてする時の注意点は?

投稿日:

今回は子供が初めてスノーボードをする時の注意点をまとめました。

冬のスポーツとして、人気のあるスノーボードですが、初めて子供が体験する時にどのように教えていいか迷ういますよね。

そこで、初めて子供がスノーボードを体験する時に注意しておきたいポイントをナビゲーター:ミニクロさんが紹介します。
 
 

まずは雪を楽しむ

就学前の子どもならまずは雪を楽しむことからはじめてはどうでしょうか?

親がスノーボードができる場合、その姿をみて自分もスノーボードがすべれるようになりたい!と思う子どももいますが、多くの子どもは雪だるまを作ったり雪合戦やそり遊びをするほうがたのしいものです。

その遊び心を抑えて練習しなさい!では子どものやる気を引き出すことはできません。

スキー場で、親に叱られながらスノーボードの練習をさせられている子どもほど気の毒なものはありませんね。

まずは親子一緒に雪遊びをして飽きてきたらボードに乗ってみるぐらいの緩さでいいとおもいますよ。

 

スポンサードリンク

 

こまめに休憩

 

子どもは大人ほどの体力と集中力はありませんので、就学前と低学年の子どもなら一時間毎の休憩が必要です。

疲れてきたり集中力がとぎれると事故や怪我につながりやすいので、疲れる前に休憩をいれてあげてください。

 

ウェア、手袋が濡れると、やる気がなくなるので注意。

スノーボード初心者はよく転ぶので、ウェア、手袋ともに濡れてしまいます。

特に子どもはよく転びますし雪遊びもするので手袋がビショビショになります。

冷たくビショビショの手袋ほど気持ち悪いものはありませんので、かなり気持ちもへこみます。替えの手袋を用意してあげてください。

 

できればスクールで。

親がスノーボードができると、子どもにも教えたくなるものですが、よほど上手な親でない限り、最初はスクールで資格を持ったコーチに教わることをおすすめします。

スクールで基本的な滑りの姿勢やテクニックを教えてもらったほうが、その後の上達がはやいです。

あまり上手ではない親に教わって、間違った滑り癖がついてしまうと後で修正が必要になりますが、一度ついた癖はなかなか修正できませんので、基本的な滑りはコーチにおまかせするのが上達のコツだとおもいます。
 

まとめ

  • まずは雪を楽しむ。
  •  

  • こまめに休憩。
  •  

  • ウェア、手袋が濡れると、やる気がなくなるので注意。
  •  

  • できればスクールで。
 
 

スポンサードリンク

-スキー・スノボー

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.