映画

スパイダーマン ホームカミング感想と考察【ネタバレ注意】

投稿日:

今回は2017年8月11日より公開されている、スパイダーマン ホームカミングの感想をご紹介します。

アメコミヒーローの中でも抜群の人気があるスパイダーマンの最新作。

早速、映画館に行って見てきた感想やラストの考察、そしてオススメの見どころなどをナビゲーター本郷七音斗さんがご紹介します。

 

※ネタバレが含まれていますので注意してください。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • スパイダーマン ホームカミングの感想 ネタバレ注意!
  •  

  • スパイダーマン ホームカミング ラストの考察!
  •  

  • スパイダーマン ホームカミングの見どころは?
 
 
 
スポンサードリンク

 

スパイダーマン ホームカミングの感想 ネタバレ注意!

 

それでは、2017年8月11日から公開されている映画、スパイダーマンホームカミングの感想をご紹介します。

ストーリーが濃い内容となっているので、感想内容はネタバレ要素が含まれていますので注意してください。

 

重厚なストーリーとアクションのバランスが最高!見応え十分!

まずは、スパイダーマン ホームカミングを一言で言うなら、「こういうのを求めていた!」という感想です。

基本は王道ストーリーですが、ファンを裏切らないストーリーに、新しい要素を取り入れ、まさに見事なまでに整えた映画です。

 

スパイダーマンの実写映画は今までにもありましたが、完全に新しい映画として仕上がっています。

 

また、過去のスパイダーマンや、アベンジャーズは重い内容が印象的でしたが、今回のスパイダーマン・ホームカミングでは、15歳の陽気なスパイダーマンをプラスの面で表現できているのが良かったですね。

 

今回の主要人物

スパイダーマン・ホームカミングには様々な登場人物が出てきます。

でも誰が誰だかわからないという方のために、特に重要な主要人物をご紹介します。

 

【ピーターパーカー】

親愛なる隣人・スパイダーマンその人。
15歳の高校生

 
【ネッド】

ピーターの友人。

かなり口が軽くお調子者だが、ピーターのことを親友として大切にしている。

 
【メイおばさん】

ピーターの伯母で、女手一つで育てている。

今作品では描かれていませんが、ベンおじさんが亡くなったことを示唆するシーンがあります。

 
【リズ】

今回のヒロイン。
ピーターの片思いの女性。

頭脳明晰で責任感が強いため、学園行事などのリーダーを務める。

 
【トニー・スターク】

アイアンマンであり、アベンジャーズのリーダー。

シビルウォーでピーターの才能に目を付け、スカウト。

最新技術を施したスパイダースーツをピーターに与える。

 
【エイドリアン トゥームス】

今回の敵(ヴァルチャー)。

映画アベンジャーズ1で襲来した宇宙船の残骸を解体するジャンク屋だったが、トニースターク(アベンジャーズ)の指揮の元、強引に仕事を奪われたことを恨んでいる。

家族と社員の生活費を稼ぐために、ヴィランの科学力を応用した商品を裏で売るようになる。

戦いの時は、ヴィラン科学力で作られた鳥型スーツを着用。

 

ストーリーは、シビルウォーでスカウトされた時から始まる。

スパイダーマン・ホームカミングは、シビルウォーでトニースタークにスカウトされ時からストーリーが始まります。

なんでも動画に写して、はしゃぐピーターに、呆れるトニースタークや、相棒のハッピー。

 

ハッピーは、ピーターのお目付け役としてチェックする立場になります。

 

ピーターは最新技術で作られたスパイダーマンスーツを受け取り、本格的にスパイダーマンとしてデビューを果たします。(それまではお手製のもの)

 

でも学生がいきなり憧れのアベンジャーズと一緒に戦えるなら、はしゃいでも仕方がないかなとも思うのですが、トニーとは親子ほどの年の差があります。

 

スタークとピーターのすれ違い。

シビルウォーの後、スタークはピーターに最新技術のスパイダースーツを預けるとともに、アベンジャーズにはまだ入れないと言います。

一方ピーターは、これからアベンジャーズのように活躍できると思い、次の指令を待ちます。

ですが、特別な指令もなく、街の事件を解決しようとしますが、大したこともできず、ドジを踏むこともある始末。

 

銀行を襲うエイドリアンの仲間と対決。多くの伏線あり!

そして大きな事件が起きます。

銀行を襲おうとするグループを捕まえようとするスパイダーマンですが、敵のレーザー光線で、いつもピーターが買いに行っていたサンドイッチ屋が潰れます。

 

実はこのサンドイッチ屋の名前は、劇中に何度も会話の中で登場し、スパダーマンの成長に繋がる存在にもなっています。

 

友人ネッドに早速バレるというドジっぷり。

もちろんスパイダーマンの正体を誰かに知られるわけにはいきませんが、映画が始まってすぐに友人のネッドにバレてしまいます。

しかもこのネッド、口が軽い!

正体とまでは明かしませんが、ピーターがスパイダーマンの友達だと、ヒロインのリズ達に早速バラします。

 

このシーンを見たときに、そういえばこういう友人は僕の周りにも居たな・・・と、変な所で共感してしまいました。

 

ヴァルチャーと対決

スパイダーマンの友人という理由で、ピーターは片思いの相手リズと一緒にパーティーに参加することになりますが、その時近くで青い光りを見ます。

近づいてみると、エイドリアンの仲間達がヴィランの科学で作られたアイテムを売ろうとしていました。

それを止めようとするスパイダーマンですが、そこへ全身アーマーを身に付け巨大な羽で空を高速移動するヴァルチャーが登場します。

 

このシーンは、今回のスパイダーマンホームカミングのアクションでは控えめですが、ドジな踏んだり、子供に叫ばれたりと、ヒーローっぽくない感じが、ラストのバトルを引き立ててくれます。

 

その後、空中戦になりますが、スパイダーマンはスーツのパラシュートが誤作動し、絡まったまま川に落ちます。

危機一髪のところをアイアンマンに救われるのですが、「地に足を付けろ」と説教をされます。

ピーターは子供扱いされていることに苛立ちを募らせます。

 

単独で敵を追うピーターとネッド

トニーを見返したいと思うピーターは、ネッドと一緒に敵を割り出し、自分達で捕まえようとします。

 

ところがスーツの機能を最大限に引き出せるように、いじったことが仇となり、うまく戦えないスパイダーマンは、コンテナに閉じ込められてしまいます。

 

さらにネッドやリズ達が入っているエレベーターのタワーで爆発。

なんとか間に合ったスパイダーマンは、全員の命を助けることに成功し、その様子をTVで中継されたおかげで、名実ともにヒーローとして認知されます。

 

フェリーでの戦い。

ピーターは学校もサボって、悪党を捕まえに行こうとします。

この時、ピーターは学校も辞めるつもりだったみたいですね。

 

そして、エイドリアン一味が乗船していたフェリーを見つけ、敵を捕まえようとするも失敗。

さらにヴァルチャーと対決するも、レーザー光線が暴走し、フェリーを真っ二つにしてしまいます。

 

この時、スパイダーマンはフェリーの分解を防ぐために自ら真ん中に入り、糸を持ちます。

この時は映画スパイダーマン2の電車の名シーンを思い出しましたね。

 

そこに駆け付けたアイアンマンのおかげで、フェリーの乗客は無事でしたが、トニーからの信用を失います。

この時、「スーツなしじゃダメなら、スーツを着る資格はない」と言われ、スパイダースーツも取り上げられます。

その後、勝手に出歩いていたことや連絡が取れないことから、メイおばさんにきつく叱られ、ピーターは普通の学生として過ごすことを選びます。

 

学生としての生活を取り戻し始めた時に衝撃の事実が!

元々、頭脳明晰のピーターなので、勉強でも活躍。

学園生活をエンジョイします。

そして学園で開かれるパーティー・ホームカミングの開催に向けて、ピーターはリズに思い切って告白します。

リズもピーターのことが気になっていたみたいで、ホームカミングのパートナーになると約束。

 

この場面までもリズの責任感のある行動や、目標に向かって真っすぐ進もうとする姿勢は、誰から見ても好感を持ちそうな感じです。

 

スパイダーマンの恋人と言えば、MJというお約束なので、最初はわかりませんでしたが、ここまでくるとメインヒロインはリズなんだろうと思いましたね。

 

そして、面白いのがここから!

 

ホームカミングに誘いに行く時、リズの自宅を訪問して、ドアを開けます。

すると・・・

 

そこにはエイドリアンがいます・・・。

 

ここは、一瞬なにが起こったのかわからないくらいの衝撃でした。

過去のスパイダーマンシリーズでも敵が親友の父親という設定はありましたが、ここでエイドリアンが出てきた時は、時間が停止したような衝撃がありました。

 

その後、エイドリアンもスパイダーマンの正体に気づき、ピーター達をパーティー会場へ送った後、エイドリアンは「二度と邪魔をするな」とだけ伝えて去っていきます。

 

ホームカミングパーティでは、リズや友人達が笑顔で待っている中、茫然自失のピーターは、敵を追うことを決意し、パーティー会場を後にします。

とはいっても、もう最新技術のスーツのない状態。

それでもネッドの助けもありヴァルチャーの元へたどり着きます。

 

ヴァルチャーと戦うもビルの下敷きになり・・・

ヴァルチャーと対決しますが、罠にはまりビルの下敷きになるスパイダーマン。

身動きが取れない絶望的な状況で、助けを呼びますが誰も来てくれません。

その時、トニーに言われた言葉を思い出し、スパイダーマンとしての誇りを力にビルから脱出。

 

ヴァルチャーとの最終決戦へ向かいます。

 

スポンサードリンク

 

ラストの考察!

 

スパイダーマン ホームカミングを見た後、あれはどういうことだったのだろうと疑問になることが沢山あります。

たぶん、僕以外の人も、そこは気になったのではないでしょうか。

そこで気になるポイントをそれぞれ考察してみました。

 

メイおばさんにバレちゃったの?

最後にピーターは、スパイダーマンスーツを着ているところをメイおばさんに見つかって「なにやってるの!」と叫ばれます。

これはバレてしまったのかと気になりますよね。

 

僕の考察ですが、今作品からのメイおばさんはユニークなキャラで、こういうのを見たときは、「中二病をこじらている」と受け止めそうな感じです。

正体がバレるのはよくありませんが、中二病で自分の世界に浸っているところを家族に見られるのは、それはそれで恥ずかしいですよね。

 

結局、スパイダーマンはアベンジャーズに入ったの?

最後にスパイダーマンをアベンジャーズの一員にするというトニーに対して、ピーターは断ります。

ピーターはこれを「自分を試しているんでしょ?」という風に言っています。

 

それでも最後の流れでトニーが記者会見の時間稼ぎをして、ハッピーが連れ戻しに行こうとするシーンがあるので、その後、説得をしてアベンジャーズに入ったのではと思っています。

 

結局、トニー・スタークはスパイダーマンのことをどう思ってたの?

なんとなく序盤では、「余計なことをするな」という態度を見せるトニーですが、どこか父親のような説教じみた態度を取ったり、フェリー事件の後はキッパリと見切りを付けたりします。

最後には「実は愛の鞭みたいなものなんだ」と調子のいい言葉をつかったりと、今一つハッキリとしない態度のトニー。

シビルウォーでは周りの反対を押し切ってトニーの独断でスパイダーマンを仲間にしたことも明かされたので、まだ学生のピーターを危ない目に合わせられないと思っているようにも感じます。

 

本当はピーターが成長することを楽しみにしていたのだと思います。

 

エンドクレジットの後のメッセージはどういうこと?

最後のエンドクレジットの後、メッセージが出ます。

「スパイダーマンは帰ってくる」

これはどういうことでしょうか。

 

この「スパイダーマンは帰ってくる」のメッセージは、「シビルウォー」の最後でも流れ、スパイダーマンホームカミングの映画に繋がっています。

 

今のところでは、2018年4月公開予定の映画「アベンジャーズ インフィニティウォー」にスパイダーマンが登場しますので、そのことを示唆していると考察しています。

 

MJは、ミシェルということ?

何かとピーターに絡んできて、皮肉を言ったりするミシェル。

今回のスパイダーマンホームカミングでは、あまり活躍しないのですが、どこか存在感のある人物でした。

そして、最後の最後に「友達からMJと呼ばれている」と衝撃の一言。

 

ここでも衝撃的な驚きを感じましたね。

つまり、本当のメインヒロインはMJであるミシェルということが考えられますが、今回はその場面が全然描かれていません。

ということは、続編でその辺りのストーリーが展開するということではないでしょうか。

 

見どころは?

 

ピーターの成長

今回のスパイダーマンホームカミングの一番の見どころは、ピーターの成長ですね。

最初はアベンジャーズに憧れ、舞い上がっている状態から、認めてもらいたい気持ちの空回り、トニーへの反抗心など子供っぽい面が強調されていましたが、リズの父親がヴァルチャーと知った後から大きく変わります。

 

特にビルの下敷きから立ち上がるシーンは一番の名シーンです。

ここまででもピーターは高すぎる場所を怖がったりしていたので、ここで助けを求めるのも普通なら当然の行為だなと見ていましたが、ヒーローが助けを求めるシーンはあんまり見たくないところです。

 

そこから、ヒーローとして立ち上がる姿は、王道と言えば王道ですが、スパイダーマンだからこそグッとくるシーンですね。

 

クライマックスのバトルが最高にカッコいい!

スパイダーマン・ホームカミングのアクションシーンは多い方ではありますが、序盤は控えめなアクションです。

中盤はハイテクを駆使したアクションを楽しませてくれます。

特に、人工知能カレンとのやり取りは面白いですね。

 

そして終盤のバトルは最高にカッコいいです。

序盤の庭を走るスパイダーマンとは別人と思うくらい、圧倒的な迫力を楽しめます。

 

スポンサードリンク

スパイダーマンホームカミング のまとめ

  • 王道ストーリーを丁寧に、さらに面白い要素を組み合わせて凝縮させた名作!
  •  

  • アクションシーンにメリハリがあり、クライマックスに向けて、テンションを上げてくれる展開がいい!
  •  

  • メインテーマは、ピーターの成長を描いているように感じます。
  •  

  • 驚きの要素をいろいろな所に隠しているのが面白い。
 
 

◎8月の映画のおすすめならこちらです。
映画のオススメ 2017年8月9月

 

スパイダーマンホームカミングはとても楽しかったです。

アクションやヒーロー系が好きな方、そして自分に自信が持てない時に見たくなるオススメの映画です。

スポンサードリンク

-映画

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.