沖縄

牧志公設市場で県産食材を食堂で調理!?沖縄観光の楽しみ方

投稿日:

今回は沖縄旅行で立ち寄りたいグルメスポット、牧志公設市場についての特集です。

沖縄の食材やグルメを楽しめる観光スポットとして人気が高まっています。

 

どんなところなのか、どんな楽しみ方があるのか?など牧志公設市場の情報をご紹介します。

ナビゲーターは沖縄に詳しいカイトさんです。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • 牧志公設市場は珍食材の宝庫!
  •  

  • 牧志公設市場の食堂で調理して貰おう!
  •  

  • オススメの食材は「イラブチャー」
 
 

牧志公設市場は珍食材の宝庫!

 
日本全国どこの土地にも「地域の人の胃袋を支えてきた市場」があるものですが、沖縄の県庁所在地・那覇市の人々にとっては「牧志公設市場」がそれにあたります。

地元の人の間では通称「公設市場」と呼ばれるこの市場は、長年に渡って沖縄県民の食生活を支えてきました。

 

最近では県外からのお客さんが増え、那覇市を代表する観光スポットのひとつに数えられるようになりました。

 

牧志公設市場の特徴は、なんといっても「珍しい食材が多い」ということでしょう。

 

沖縄県民にとっては普通の食材でも、県外の方から見れば珍妙に見える食材がそこかしこに並んでいます。

なかには最近では沖縄県民でも滅多に食べないような食材もあるので、市場というよりは沖縄県の食事の歴史を証明する博物館のような役割も担っています。

 

県外の方に驚かれる食材の代表格が「豚の頭」です。

沖縄には昔から豚の頭を「チラガー」「ミミガー」といった食材として扱い、骨まで無駄なく使う食文化がありました。

そのため肉屋には切り分けられていない状態の豚の頭がドンと置かれているのが一般的だったのですが、県外の人にとっては少しショッキングな光景です。

 

他にも、「豚の内臓」「ヤシガニ」「真っ青な魚」「ハリセンボン」など、沖縄以外の土地ではまず食べないであろう珍しい食材がたくさん並んでいます。

もちろん実際に食べてみると美味しいので、料理に自信のある方はお土産として沖縄食材を持ち帰ってみてはいかがですか?
 

スポンサードリンク

 

牧志公設市場の食堂で調理して貰おう!

 
見た目はセリ市のようですが、牧志公設市場は地元民・観光客問わず誰でも食材を購入できる場所です。

スーパーマーケットではまず手に入らないような珍しいものが買えるので、沖縄料理に興味のある方がお土産として食材を購入することも少なくありません。

 

しかし現実問題として珍しい食材は調理に苦労します。

例えばハリセンボンはとても美味しい魚ですが、トゲだらけで分厚い皮を剥がす工程が必要で、初心者には調理の難しい食材です。

よほど料理に自信のある方でない限り食材をそのまま持ち帰るのはハードルが高いでしょう。

 

せっかくだから沖縄の珍しい食材を食べてみたい…でも料理する自信が無い…

そんな悩ましい観光客のために開放されているのが、牧志公設市場2階の食堂エリアです。

 

実は牧志公設市場は2階建てになっており、1階が食材を販売する市場エリア、2階が買った食材を調理してくれる食堂エリアになっているんです。

 

品数によって料金に若干の違いがありますが、1人あたり500円ほどの調理代金で3品ほどの料理を堪能することができます。

 

ここなら、自分では調理するのが大変なハリセンボン・ヤシガニなどの食材もプロが調理してくれるので安心です。

調理法をある程度指定することもできますが、お任せで調理してもらえばその食材に適した一番おいしい調理法が楽しめますよ。

 
 

スポンサードリンク

 

オススメの食材は「イラブチャー」

 
牧志公設市場で買える珍しい食材はいろいろありますが、観光客に一度食べてもらいたいのは「イラブチャー」というお魚です。

テレビで沖縄の市場に並ぶ「真っ青な魚」を見たことはありませんか?あの青い魚の正体は「アオブダイ」という魚で、方言では「イラブチャー」といいます。

鑑賞用の熱帯魚のように色鮮やかな魚ですが、種類としてはスズキの仲間なので、実はかなり美味しいんです。

 

イラブチャーは沖縄の魚市場では定番ともいえるお魚で、もちろん牧志公設市場にもほぼ毎日入荷されてきます。

大きなものなら1匹3000円くらいになることもありますが、食事にちょうど良い小さなサイズなら500円~800円くらいでも購入できます。

牧志公設市場なら調理代と合わせても1000円ちょっとで済むので、価格もリーズナブルです。

 

牧志公設市場でお食事をするとき、どの食材が本当に美味しいのか悩んだらぜひイラブチャーを食べてみてください。

沖縄の魚はあまり美味しくないというイメージがあるかもしれませんが、イラブチャーの美味しさにはきっと驚くはずですよ。


スポンサードリンク

まとめ

  • 沖縄の珍しい食材が集まる牧志公設市場。
  •  

  • 競市のようですが、観光客でも食材を買うことができます。
  •  

  • 2Fの食堂エリアで、購入した食材を調理してくれる。
  •  

  • 調理方法を指定できますが、お任せで一番おいしい食べ方を楽しみましょう。
  •  

  • ナビゲーターがオススメの食材は、イラブチャー
 
 

スポンサードリンク

-沖縄

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.