キャンプ

バーベキュー初心者でもわかる必需品リスト&コツを解説!

投稿日:

みんなで楽しく食事ができるバーベキュー。

ですが、まだ慣れていない初心者の方なら、必需品はどんなものなのかわからず、準備の段階で困ってしまいますよね。

今回はバーベキュー初心者でも安心できる、必需品のリストアップと、やり方のコツを合わせてご紹介します。

ナビゲーターはアウトドアに詳しいミニクロさんが紹介します。
 
 

バーベキュー初心者でもわかる必需品とコツ

 

バーベキューの必需品をリストアップだけでなく、それぞれの道具の使い方のコツを掲載してみました。

合わせて読んでもらえると、イメージしやすいと思います。

 

バーベキューグリル、網、鉄板、トング

バーベキューに忘れてはならないのが、バーベキューグリルですね。

人数にあわせた大きさを選んで下さいね。

あまり小さいと焼くのに時間がかかって食客を待たせてしまいます。

 

グリルは引き出し式で炭をいれるタイプが初心者には使い勝手がいいですよ。

バーベキューの途中で炭をたす時に熱い網を持ち上げずにすみますから。

 

バーベキューグリルの網も必需品です。

万が一バーベキューグリルを忘れても、網さえあれば石を組み合わせてかまどをつくってその上に網をのせれば立派なバーベキューグリルになりますよ。

 

網のほかに鉄板もあると焼きそばが作れますし、鉄板に蓋があればパエリアや魚の蒸し焼きなんかも作れますよ。

バーベキューグリルでの調理は熱いのでトングは必需品です。

トングは炭専用と、お肉や魚用、野菜用の最低三本は必要です。

 

スポンサードリンク

 

炭と火おこし、着火剤、バーナー、軍手

 

バーベキューグリルに使う炭も必需品ですね。

 

バーナーと炭専用の火おこしで種火をおこしてから着火剤で火力を強めていくと初心者でも短時間で火がおこせます。

消し炭や豆炭があればより火おこしは楽になりますよ。

着火剤がないときは、紙のガムテープをぐしゃぐしゃと丸めても代用できます。

 

炭おこしの時は軍手を使ったほうが手が汚れませんし火傷の心配も減ります。

軍手は手のひら側にゴムのプチプチがついていないタイプがいいです。

熱でゴムが溶けることもありますので注意です。

 

食材・調味料

 

バーベキューグリルと炭、それに食材があれば最低限のバーベキューは楽しめます。

肉や魚、野菜と食材にあわせた塩、コショウ、タレ、醤油や味噌などの調味料は必需品です。ポン酢やオリーブオイルなどがあると重宝します。

焼おにぎりやホットドック、オイルサーディン等の、魚の缶詰めも初心者には手軽に楽しめます。

デザートで、焼き芋や焼きマシュマロ、焼きリンゴなんかは初心者でもトライしやすいですね。

 

スポンサードリンク

 

包丁、ハサミなどの調理道具

バーベキュー先で野菜などを調理する場合は、ボール、ザル、まな板、包丁などの調理道具が必需品です。

便利なのが調理ハサミです。

まな板要らずで食材を切れるので一本あると便利ですよ。

 

食器、飲み物のコップ、お箸などのカトラリー

食材がやけたら取り分ける食器、コップ、お箸などのカトラリーも必需品です。

初心者なら紙皿や紙コップが楽かもしれませんね。

 

後片付けの必需品

余った食材を持ち帰るための保存容器やラップ、ゴミ袋は必需品です。

バーベキューグリルや網を掃除するための古新聞や台所洗剤とスポンジもあると便利ですよ。


 

まとめ

  • バーベキューグリル
  •  

  • 網・鉄板
  •  

  • トング
  •  

  •  

  • 火おこし・着火剤・バーナー
  •  

  • 軍手
  •  

  • 食材・調味料
  •  

  • 調理道具(包丁・ハサミなど)
  •  

  • 食器、コップ、お箸などのカトラリー
  •  

  • 後片付けの道具
 
 

スポンサードリンク

-キャンプ
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.