キャンプ

秋キャンプの服装 シャツやジャケットなどの選び方

投稿日:


秋のキャンプを楽しみたいと考えたとき、気になる服装選びですよね。

そんな秋キャンプの服装選びで知っておきたいシャツやジャケットなどの選び方のポイントを、ナビゲーター:ミニクロさんが紹介します。
 

秋キャンプの服装 選び方

 

秋の服装はレイヤードで

秋は日中は汗ばむほどの気温でも、朝晩はかなり冷え込むと思ってくださいね。

9月でも標高が高い場所にあるキャンプ場なら、朝晩は10度を下回ることもよくあります。

10月11月ともなれば朝晩はもう冬なみに寒いです。

だから、秋キャンプといえどもあなどらずに冬の服装を準備して下さいね。

 

でも日中は暑いですから、秋キャンプの服装はレイヤード(重ね着)がおすすめです。

これからレイヤードの一例を紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

保温性の高いアンダーシャツ

日中はTシャツ一枚ですごせる気温でも、夕方には冷え込んできますので、ユニクロでいえばヒートテックのような保温性の高いアンダーシャツが一枚あると便利です。

薄手でかさばらないのもいいですね。

汗冷えは風邪のもと。アンダーシャツの着替えも忘れずに。

ミドルレイヤー

保温性の高いアンダーシャツの上にはミドルレイヤーとしてフリースやネルシャツ、ウール素材のシャツなどがいいですよ。

ミドルレイヤーは襟つきのほうが首回りを冷やしません。

寒い時はミドルレイヤーにベストを重ねてくださいね。

ポケットサイズに収納できる薄手ダウンのベストでもいいですね。

日中はミドルレイヤーまでですごせるので、色や柄をコーディネートして素敵なレイヤードを楽しめますよ!

 

アウタージャケット

ミドルレイヤーの上にきるアウターには、防水防風効果の高いアウトドアジャケットやマウンテンジャケットがおすすめです。

10月11月のキャンプなら厚手のダウンジャケットも必須です。

寒がりの人はダウンジャケットに防水防風効果の高いアウタージャケットを重ねると万全です。

 

スポンサードリンク

 

帽子

日中は紫外線をさけるためツバつきの帽子が適していますが、夜にはニット帽が欲しくなるほど寒い時もありますよ。

できれば両方用意するか、ツバつきのニット帽もおすすめです。

ネックウォーマーもあると便利ですよ。

 

パンツ

秋キャンプの下半身にも、ヒートテックのような保温性の高いインナーをつけてから、裏地がフリースや中綿入りなどの保温性の高いパンツを重ねることをおすすめします。

秋は雨も降りやすいので、インナーに防水防風効果のあるパンツを重ねるのもおすすめです。

 

足元

秋キャンプでは厚手の靴下があると助かります。

夜ともなれば、地面の上は底冷えしますので、厚手靴下にアウトドアブーツなどをはけば万全です。

スノーブーツでもいいですね。

 

足首を冷えから守るためにくるぶしまで丈のあるブーツをはいてください。

レッグウォーマーを使うのも便利です。

スポンサードリンク

まとめ

  • 秋キャンプの服装は重ね着(レイヤード)を意識する。
  •  

  • 保温性の高いアンダーシャツを活用。
  •  

  • ミドルレイヤーや、フリースやネルシャツ、ウール素材のシャツがおススメ。
  •  

  • ジャケットは防水暴風効果の高いものを選ぶ。
  •  

  • 帽子はニット帽とツバつき帽子、両方を用意するのがおススメ。
  •  

  • 厚手の靴下のほか、レッグウォーマーも便利なアイテム。
スポンサードリンク

-キャンプ

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.