テーマパーク

富士急ハイランドにド・ドドンパ 高さは?速度は?コースはどうなる?

投稿日:


山梨県の有名な遊園地と言えば、もちろん富士急ハイランドですよね。

その富士急ハイランドに、2017年7月15日から新しいアトラクションが登場します。

その名はド・ドドンパ!

あのドドンパが最新技術でさらにパワーアップして登場です。

今回は、ド・ドドンパの高さや速度、そして新コースの内容をナビゲーター:綾乃遥さんが紹介します。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • 富士急ハイランドのド・ドドンパ 高さは?
  •  

  • 富士急ハイランドのド・ドドンパ 速度はどのくらい?
  •  

  • 富士急ハイランドのド・ドドンパ 新コースはどうなる?
 
 
スポンサードリンク

 

富士急ハイランドのド・ドドンパ 高さは?

 

注目度抜群の富士急ハイランドの新アトラクション、ド・ドドンパ!

 

実はドドンパの高さ52mよりも、少し低くなって高さ49mになっています。

理由は後でご紹介する最高速度のアップに耐えられるようにするためだとか。

でも49mって、パッと言われてもイメージが湧きませんよね。

そこで、いくつか例を上げてみました。

ビルなら約15階建て

東寺の五重塔の高さが約55m

ディズニーランドのシンデレラ城の高さが約51m

進撃の巨人の街を囲む壁が50m

 

どうでしょうか?

なんとなくド・ドドンパの高さのイメージが伝わりましたでしょうか?
 

スポンサードリンク

 

富士急ハイランドのド・ドドンパ 速度はどのくらい?

 

そして、富士急ハイランドのド・ドンパで注目したいのが、その速度!

スタートダッシュのわずか1.8秒で時速180㎞まで速度を上げることができるとのこと!

それを実現している技術が空気を圧縮した後、ライドを押し出すエアーランチ方式という方法。

2秒も経たないうちに、こんな急加速してしまったら、一体どうなるの!?

 

さらに富士急ハイランドのド・ドドンパの凄さはそれだけじゃありません。

最大の特徴は、世界最大級の直径39.7mループの頂上付近で一気に時速30キロまで減速するという、とんでもないことに!

これは、かなり怖そうです・・・。

 

富士急ハイランドのド・ドドンパ 新コースはどうなる?

 

富士急ハイランドのド・ドドンパは、まさに恐怖スポットの連続です。

 

時速180mで始まるスタート地点には、トンネルゾーン。

そしてゼロGフォールで究極の無重力を体感します。

巨大カーブで体が横になりながらなの高速走行!

そして、またしても登場するトンネルゾーンを抜けた先には、今回最大の目玉スポット、直径39.7の超大型ループがあります。

 

富士急ハイランドのエリアを活用したコースの全長は1244m。

ライドは8人乗りで、10歳以上(身長130㎝以上)が条件です。

 

加速速度、最大速度、そして超大型ループと世界トップクラスの刺激を味わえるアトラクションです。

スポンサードリンク

富士急ハイランド ド・ドドンパ まとめ

  • 高さは49m。
  •  

  • スタートから1.8秒で最高時速180㎞。
  •  

  • 世界最大級の直径39.7m超大型ループ。
    さらに頂上付近で時速30㎞に減速。
  •  

  • 全長は1244m
スポンサードリンク

-テーマパーク

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.