ディズニーランド

ディズニーの暑さ対策 子供や赤ちゃんはどうする?

投稿日:


今回は赤ちゃんや子供と一緒に行く、ディズニーの暑さ対策についての特集です。

猛暑の日のディズニーは楽しみの反面、子供や赤ちゃんの熱中症が心配ですよね。

そんな時に役立つディズニー攻略ワザをナビゲーター:usa0922さんが紹介します。
 
 
     ◆ 目次 ◆

  • ディズニーの暑さ対策 子供の時は?
  •  

  • ディズニーの暑さ対策 赤ちゃんの時は?
  •  

  • ディズニーの暑さ対策 子供や赤ちゃんと回る時のポイント
 
 
 
 
スポンサードリンク

 

ディズニーの暑さ対策 子供の時は?

 
夏のディズニーランドを楽しむためには暑さ対策が必須ですが、こども向けの対策として、必須なのは帽子とタオルです。

ディズニーランドのショップでも帽子は販売されていますが、キャラクターの耳や大きな装飾が付いていたりする帽子が多い為、暑さ対策には不向きです。

ショップで販売されている帽子はとっても可愛らしいのですが、大きな装飾が付いていいると炎天下の中で行われるパレードの際などは後ろの方の為に帽子を脱がなくてはいけない為、普段被っている物を持っていく事をおすすめします。

ちなみに男女問わず、首の後ろもしっかりとガードしてくれるツバの広い帽子がかなり役立ちます。(麦わら帽子のようなタイプ)

首の後ろをガードするだけで、体感温度がグッと下がる為、おすすめです。

 

タオルは、パレードなどの待ち時間などに、帽子の上からすっぽりとかけてあげる事で、影を大きく作る事が出来、また、タオルをお水などで濡らせば、火照った体を手軽に冷やすことも出来るためおすすめです。
 

スポンサードリンク

 

ディズニーの暑さ対策 赤ちゃんの時は?

 
あかちゃん向けの暑さ対策として、ベビーカーに取り付ける事ができる小型の扇風機やガーゼ素材のおくるみ、クールタオルなど持っていくと、暑さをしのぐことができます。

ベビーカーに簡単に装着できる小型の扇風機に冷たく濡らしたハンカチ等をかけてあげると、冷たい風をあかちゃんに送ってあげる事が出できます。

また、ガーゼ素材のおくるみは、日差しが強く、ベビーカーの日よけが足りない時などにかけてあげると、あかちゃんに日が当たらず快適に過ごすことが出来ます。

 

クールタオルは水で濡らして使うものを持っていくと、手軽に赤ちゃんのおでこや首などを冷やしてあげる事が出来ます。

まだ暑いと言葉を話せないあかちゃんなので、多少荷物になっても、これらの物を持っていくと安心です。
 

ディズニーの暑さ対策 子供や赤ちゃんと回る時のポイント

 
暑さをしのぐ知恵としては、日差しの強い時間帯の屋外アトラクションは避ける事をおすすめします。

子供や赤ちゃんも、できるだけ日影を選んで歩く、水分補給はこまめにするなどは前提ですが、やはり猛暑の中外に居るだけで体力を奪われてしまいますので、太陽ががジリジリと照りつけるような時間帯は、ステッチ・エンカウンターや、ホーンテッドマンションに乗ったり、お土産を購入する時間にあてるのもおすすめです。

また、歩きながら地図を見て、次に乗るアトラクションを決めるのではなく、日陰で休憩と水分補給をしながら次に乗るアトラクションを決めて行動するようにすると、子供や赤ちゃんも体力の消耗を抑えることができます。


スポンサードリンク

まとめ

  • 帽子は首の後ろまでカバーしてくれるツバの広いものがおすすめ。
  •  

  • 水で濡らして使うクールタオルが役に立つ。
  •  

  • ベビーカーには小型の扇風機を取り付けてあげるのがおすすめ。
  •  

  • できるだけ日陰で休憩を挟みながらディズニーを楽しみましょう。
スポンサードリンク

-ディズニーランド

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.