北海道

小樽運河の撮影スポットおすすめ!

投稿日:


今回は小樽運河の撮影スポット特集です。

北海道小樽市の名所、小樽運河ですが、初めて小樽運河への旅行へ行こうと考えても、どこが見所なのかわからないと記念撮影をするスポット選びで迷ういますよね。

そこで小樽運河から歩いて行くことができる撮影スポットを、ナビゲーター:romaeさんが紹介します。
 
 

北海道 小樽市

小樽雪あかりの路


北海道小樽市色内1-7-1
 

季節限定の小樽の街あげてのイベントです。雪が積もる北海道だからこそできる魅力的なイベントで、これを目当てに県外からも多くの観光客が押し寄せます。

イベント内容としては、雪の中にロウソクの光だけで灯された夜道を散策できるというものです。夜なのに、ロウソクの光だけでも明るく、とても幻想的な風景を見ることができます。写真撮影をしておけば、旅の忘れられない思い出になること間違いなしです。

期間はとても短く、2月の初旬から約10日間で終わるものなので、興味がある方は、ぜひチェックして訪れてみてくださいね。

 

ニトリ小樽芸術村

北海道小樽市色内1-2-17
 

“アールヌーヴォー”と“ステンド硝子”の世界を見ることができる美術館です。中での撮影は禁止なので、記念に残すという点では、できない分残念です。しかし、その分とても綺麗で幻想的なので、見る価値は十分にありますよ。

ちなみに、アールヌーヴォーとは、直訳すると「新しい芸術」という意味を持ちます。10世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパで流行った芸術の様式のことを指します。

 

スポンサードリンク

 

 

小樽オルゴール堂本館


北海道小樽市住吉町4-1
 

全国的にも有名な、小樽を代表しても良いオルゴールのお店です。昭和45年に建てられた本館は外観も内装もとてもノスタルジックな造りになっていて、思わず見惚れてしまうこと間違いなしだと思います。

建物の前にある時計台は、オルゴール館を指すシンボルでもありますので、ぜひ撮影はしておきたいポイントです。

 

三号館北一ホール

他移動小樽市堺町7-26
 

“167個の石油ランプが灯る喫茶店”というなかなかお目にかかることのできない幻想的な光景を見ることができるカフェです。毎朝ひとつひとつの石油ランプに火を灯す点灯式も、神秘的な光景で、神聖な気持ちになれます。

また、ピアノの生演奏もある時間があり、小樽のカフェの中ではピカイチに雰囲気が素晴らしい所ではないでしょうか?もちろん、小樽自体風景はとても素晴らしい箇所が多く、比べるとレベルが非常に高いので、その中でも随一おすすめできるスポットです。
 
 

スポンサードリンク

 

浅草橋


北海道小樽市港町5-4
 

小樽運河を綺麗に一望できるおすすめ撮影ポイントは、「浅草橋」から撮影することです。撮影ポイントとしてはあまりにも有名な場所ですが、昼間は観光客が多く人が移りこむことが多いのです。

実は、夜になると人も少ないので、その時間帯に撮影すれば、しっとりとした夜の小樽運河を撮影できます。

夜は夜で雰囲気が良いので、写真にこだわりがあれば、旅の記念にぜひ押さえておきたいスポットです。

 

天狗山からの景色


北海道小樽市最上2-16-15
 

北海道三大夜景の一つ小樽の街を一望できる「天狗山」。

この場所には、シマリスと触れ合えるスポットもあり、ただ眺めを見るだけでなく他にも観光できるメリットがあります。また、ロープウェイがありますので、乗車時間4分で手軽に山頂に着きます。晴れた日には、小樽運河はもちろん、石狩湾まで見ることができますよ。小樽の幻想的な風景を堪能できるおすすめのスポットです。写真撮影するには、絶好の場所だと思います。

ロープウェイ乗り場は、小樽運河から離れていますが、高い位置から見下ろせるオススメの場所です。

小樽運河の撮影スポット まとめ

  • ニトリ小樽芸術村
  •  

  • 小樽雪あかりの路
  •  

  • 小樽オルゴール堂本館
  •  

  • 三号館北一ホール
  •  

  • 浅草橋
  •  

  • 天狗山からの景色
スポンサードリンク
スポンサードリンク

-北海道
-

Copyright© i-pota(あいぽた) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.